紫雷イオ挑戦権獲得ならず、ほか(2020/1/15 NXT)

(「残留を決めたカシーなんとか」
出典:WWE
以下、同じ。)

こんばんは、ヤマガタです。


・小ニュースふたつ


ニュースひとつめ。

いわゆるPAC(ネヴィル)商法、退団のウワサで名を挙げたカシーカタンツァーロ(KACY CATANZARO)という女子選手・・・

・・・ようするにリコシェの彼女なのですが、結局、残留みたいです(本記事トップ画像)。

参考:KACY CATANZARO RETURNS IN NXT BATTLE ROYAL

ニュースふたつめ。

Wednesdays Night Warsで凹凸ある盛り上がりをみせているAEWですが、中継しているTNTは手ごたえを感じているらしく・・・

・・・2023年まで契約延長だそうです。

参考:AEW DYNAMITE EXTENDED THROUGH 2023, WARNERMEDIA ADDING SECOND SHOW


・No.1コンテンダーバトルロイヤル


でしゃばり感のつよい
ビアンカベレア。

さて、WWEは四大大会のひとつ、RoyalRumbleの準備にいそしんでいます。

巨大興行なので、二次イベントもあるみたいで、そのうちのひとつにWorldCollidesがあります。

ブランドを超えて選手が戦うという二次興行です。

そこで、NXT女子王座戦があり、最近新王者になったリアリプリーの対戦相手が、今回のNXTで決定されました。

結果からのべると、生き残ったのは体力女王のビアンカベレアでした(上掲画像)。


・紫雷イオは・・・


ビアンカベレアを
蹴り落そうとする!!

・・・で、日本のみなさん注目の紫雷イオですが・・・

最後のふたりまで、のこりました。

つまりビアンカベレアとの一騎打ちまですすんでいたわけですね。

でも最後、ビアンカベレアのバカぢからでオーバーザートップロープ。

2mくらいある高さから場外に投げ捨てられ、敗退、となってしまいました。

いずれにせよ、紫雷イオにチャンスは、またすぐに回ってくるでしょう。

相手は、キャンディスレラエっぽいでないと、見栄えがしないので(紫雷イオはちいさい)・・・

・・・今回、170cmをゆうに超えるリアリプリーには、やはり巨漢のビアンカベレアが選ばれた次第だとおもいます。

というわけです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m