WWE Evolutionその②:カイリセイン惜敗。

(「いっぱいいるなー」出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。現地時間(2018年)10月28日キャパ15,000人もあるニューヨークのナッソーベテランズメモリアルコロシアム(Nassau Veterans Memorial Coliseum)で、WWE初の女子PPV、WWEエボリューション(WWE Evolution)が開催されました。

観客動員数は結局、10,900人だったみたいです。3分の2でしたか・・・。

(以下、画像出典はWWEです。)


・カイリ選手は第6試合目だった。


ベルトすると

やはり腹巻きに

なってしまうのか?

シェイナバズラーとカイリ選手の対戦は本サイトで報じただけでも、もう3度目で最早、因縁の対決になって来ています。

① メイヤングクラシック2017決勝

② カイリ選手初のNXT戴冠

③ 今回のエボリューション。

個人的にはこのフュード(抗争)、シェイナバズラーに分がある(体力技量etc…)と思っているのですが、バズラー側が上手くプロレスに順応して来て、因縁の対決に仕上がって来たように見えます。

①回目に比べ、②回目の対決は段違いによかったです。

今回はどうなるでしょうか。

紫雷イオとトニーストームのハイレベルな試合が第4試合にあっただけに気になる所です。

早速見てみましょう。


・どんな試合だった?


サブミッションしたまま、

コーナーポストから

カイリ選手を吊るしている。

う~~~ん、やっぱりシェイナバズラーの方が強く見えました。

カイリ選手、いまのギミックだと、やっぱりお子様向けなんですよね。

ルチャアンダーグラウンドでやったドクするしかないと思うんですが・・・。


・敗けた(カイリ選手が)。


試合後半、

マリナシャフィール

介入して来る!!

結局、カイリ選手がバズラーの切り札クラッチで敗けたのですが、カイリ選手ファンにとって朗報(?)なのは、あくまで介入による敗北だった、ということです。

要するに、レフェリーの見ていないところで、The 4 Horsewomenのマリナシャフィールが、試合中にカイリ選手にちょっかいを出して来たのです。

これによりカイリ選手が好機を奪われ、そのスキにバズラーの切り札クラッチが決まって落ちた・・・というわけです。

う~ん。

となると次は、カイリ選手とマリナシャフィールの因縁勃発でしょうか。

・・・うわあ、今後のNXTの収録回のどこかで、カイリ選手がバズラーとマリナシャフィールにボコられているところをイオ師範が助けに来る・・・という場面が見なくても思い浮かんでしまうのですが・・・。

この路線で来るのかなあ・・・。

とりあえず、NXTをしばらく注視しましょう。

バズラーが昇格せずにNXTに留まる形になったのは意外でした。

これでカイリ選手が昇格・・・という線は考えられないですね(逆に昇格したらイロモノキャラとしてジョバー一直線の気がして好ましくないです)

どんな風にストーリーは進むのでしょうか。

要チェックです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。