ルーシュのROHデビュー。

(出典:ROH)

こんばんは、ヤマガタです。

リオラッシュ(Lio Rush)と区別がつかないルーシュ(Rush)ですが、2019/1/18オンエア回のROHで既にデビューを果たしていたみたいですね(この件についてはこの記事も参照してください)。

早速、見てみましょう。

(以下、画像出典はROHです。)


・相手はTK O’Ryan


バット持って登場します。

収録は去年(2018年)の12月15日に早々に行われていたみたいです。

その後、年が変わって2019年1月15日に、ルーシュのROH専属契約が明かされました。

その後1月18日にオンエアされる形で、時間差攻撃によりルーシュROHデビューのアングルが組まれています。

対戦相手はTK O’Ryanという上掲画像のおにーさんでした。


・内藤哲也だね。


あっせんなよ!

ルーシュ・・・どんな選手かな、と思って試合通してみたんですけれども、あきらかに内藤哲也ですね。

内藤哲也がルーシュをコピーしているというべきか・・・。

だから内藤哲也はルチャスタイルと呼ばれるのか。

ようやく腑に落ちました。

ルチャスタイルというと、あのフェニックスみたいなムーブが思い浮かぶので、どうして内藤哲也がルチャなのか、ずっと理解できずにいたんですよ。


・振り返って気づいたのはナカムラシンスケの偉大さ。


紙テープがちらほら舞うくらい・・・。

同じROHということで重なったのが、ナカムラシンスケ(中邑真輔, Shinsuke Nakamura)のROH参戦でした。

あのルーシュでさえも上掲画像程度で、あんな雰囲気(試合見ないと分からないでしょうが・・・)でした。

ナカムラシンスケは、このルーシュの10倍くらいの熱狂に包まれてました。

こう考えると、やっぱりWWEの今のナカムラシンスケの起用は犯罪かな・・・と。

ナカムラシンスケ、キレてAEW行ってもいいんじゃないかな。

契約的に案の定、邪魔されるんだろうけど、RoyalRumble前座はないよ・・・。

シェーンマクマホンなんて、あんなんレスラーじゃねーじゃん。

そんな風に腹が立ってきたルーシュのデビュー戦でした。

あ、そうそう、試合は最後、ルーシュがランニングドロップキックからのフォールで、TK O’Ryanを下しています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m