負けたけれども陥落せず(2019/11/4 RAW)

(「陥落せず」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

その後のヒデオイタミ、もといKENTAについて記事を書こうと思ったのですが、今回(2019/11/4)RAWですこし動きがあったみたいなので、記事にしてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・クラウンジュエルFallOut


服着て戦ったみたい。

今回、カブキウォーリアーズ(ASUKAとカイリセインがペイジを裏切って結成)の相手は、ナタリアとシャーロットでした。

王者側はカブキウォーリアーズだったのですが、メインは相手側のナタリアとシャーロットでした。

とくに前アングルはありませんでした。

流れ的には、今年のクラウンジュエルでついに実現した女子戦(上掲画像)に参加したナタリアの凱旋試合というものでした。

だから、シャーロットはオマケだったのですが・・・これが強いんだ・・・。

シャーロットvs.カイリセインなんて組み合わせも初めてで、興味深かったのですが、こんな大柄な女(失礼)相手にカイリセインが戦えるわけない・・・

・・・というか、外人女は基本的に170cmくらいありますから、日本人視点からみると、みんな巨漢なんですよ。

シャーロットとナイアジャックスなんてもう、規格外だとおもってください。


・負けた(ノンタイトルで安心)。


the Sharpshooter!!
(サソリ固めのこと)

試合自体は、クラウンジュエルを経てナタリアが十分に存在感を増したので、四者四役で、すごく面白かったです。

カイリセインも固定ファンがいるので、見たい人にはたまらない試合だったでしょう。

時間もながく、第1試合だったのですけれども、かなり内容の濃い試合でした。

フルギア(リング衣装)のわりにはまったくセクシーでない肝っ玉母さんまるだしのナタリアと、どうみても勝てそうにないシャーロット。

カブキウォーリアーズは、ちょっとごにょごにょするヒール・・・だったんですけれども、技術的にはやはり高いものをみせていました。

試合的には、ナタリアの凱旋試合なので、上掲画像のとおり、花をもたせるかたちで終り。

でも王座戦ではなかったから、王座陥落はありませんでした。

よかった?よかった??

先週ベッキーリンチと絡む予想がされたカブキウォーリアーズですが、どうなるんでしょうね。

いまのところ王者だけれども主役になれていない、引き立て役に留まっています。

なんとか変わってほしい。

ひきつづき追いたいとおもいます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m