キースリー vs. アダムコール(The Great American Bash Night Two)

(「勝ったら北米王座とNXT王座
ダブル戴冠」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

WWEの視聴率は、本当にヤバイようで、RAWがコロナ禍で史上最低の視聴率を更新しています。

参考:WWE RAW DRAWS SECOND LOWEST VIEWERSHIP IN SHOW HISTORY

この記事でまとめたとおりRAWの平均視聴者数ってのは21万人くらいなのですが、いま16万人くらいまでおちこんでます。

ほぼ4分の1を失っている、ということになりますね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ダブルタイトルマッチ


アダムコールが
おい!デカ物!!
おめーなんか、
おれにとってなんでもね~んだ!
みたいにいうと、
キースリーがバカ力(ぢから)で返す、
という展開・・・。

そんな低迷する視聴率の対策のため、WWEは、とにかくカンフル剤打ちまくりみたいな放送をしています。

そのひとつが、今回(2020/7/8)、The Great American Bash 2日目でおこなわれた、ダブルタイトルマッチです。

ダブルタイトルマッチというのは、NXT王座と、北米王座ですね。

・・・ベイリーの女子二冠もありますが・・・よ~くみると、新日本の内藤二冠アングルを潰しに来ているようにもみえます。

現北米王者キースリー(Keith Lee)ですが、今回、はじめて記事化ですかね。

二、三試合みているのですが・・・

✔ 太っているのに俊敏性がある

✔ 独特のコミカルな振る舞いをする

・・・という選手です。

現在のBlackLivesMatterムーブメント(なんかコロナも、大統領選挙も、#SpeakOutも、なんかアメリカぐちゃぐちゃですよね、いま・・・)にのって・・・

・・・たぶんWWEの企業イメージ改善の一翼を担っているのではないでしょうか。


・キースリーが二冠


The Big Bang Catastrophe!!

試合は、いつものアダムコールなので、出てくるまでがすべて。

出てからは、あんまり見どころがない試合がつづきます。

最後は、キースリーがビッグバンカタストロフィ(上掲画像)で、アダムコールを圧殺し、フォール勝ち。

NXT初の二冠王者になり、また、1年以上かなり長い間戴冠していたアダムコールの記録をストップさせました。

気になるのは、アダムコールです。

もしかしたら、これで昇格かもしれないのですが・・・

✔ 昇格するとUndiputedEra解散?

✔ アダムコールほっそいので、昇格しても活躍しなさそう・・・

・・・というふたつの懸念があります。

今後どんな身の振り方なんでしょうかね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m