2月最終日のNXT(カイリ選手キャッチアップ)。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。すっかり遅れ気味に成ってしまいましたが、カイリセイン(Kairi Sane)選手のキャッチアップをしたいと思います。

いまや205Liveのヒデオ&トザワと共に、WWEネットワークの日本視聴者獲得を一身に担っているカイリ選手ですが、前回の本年NXT初登場を皮切りに、宿敵シェイナバズラー(Shayna Baszler)選手との因縁が勃発し、今回、現地時間(2018年)2月28日放送分で再戦と成りました。

試合を見る前に、ちょっとだけ復習します。NXTに入ってからのバズラー選手とカイリ選手の、WWEにしては割と丁寧に作られたフュード(抗争feud)を繰り広げています。詳細は以下のとおり。

① バズラー選手がカイリ選手をサイレントキル!

② カイリ選手が(ムーン選手をいじめる)バズラー選手を学級委員長のようにして追い払う!

では、行ってみましょう!

(以下、出典はすべてWWEです。)


・ちなみに2月2日収録です。


再放送じゃないよ。

この記事でも言いましたが、試合自体はほぼ1か月前、(現地時間)2月2日にジョージア州アトランタのセンターステージシアターという所で収録されました。

ちなみに、上に述べた「②カイリ選手が(ムーン選手をいじめる)バズラー選手を学級委員長のようにして追い払う!」は、同所で前日、2月1日に収録されました。

収録、収録・・・。


・今年1発目の試合です!


気合が入る!

試合前のカイリ選手です。

よく見るとメイクや髪など結構、変えて来ています。ロイヤルランブルにサプライズ登場した時からそうでした。(注:私はストーカーではありません。)

かなりワイルドさマシマシのメイクなんですけれども、すまんカイリ選手、全然まだカワイイ・・・。


・戦う女ってのは、こういう(↓)もんだ!


オンナを捨ててでも、

手に入れたいものがある。

「Tap, Nap, or Snap.(ギブアップするか、おねんねするか、プツンポキンと行くか)」を最近、決めゼリフにし始めたバズラー選手です。

本当に総合系の選手、WWE大量に仕入れましたよね。ほんのここ数か月の出来事です。


・とにかくバズラー選手の試合は見応えがある!


サブミッションに説得力がある!

声援ではカイリさんへの応援が多かったのですけれども(アンチベビーのブーイングは小康状態)、試合自体は、メイヤングクラシックファイナルのときと同じように、バズラー選手が終始圧倒していました。

私は本当に、この選手の格闘技術は女子離れしていると思います。蹴ってよし、投げてよし。とにかく基本ができていて、見ていてぎこちなさを感じない。ぎこちなさ感じるとすれば、カイリ選手に攻撃の強度を手加減しているところだけ。

もうひとつ、上掲画像を見ると分かるのですが、バズラー選手、髪を濡らして入って来ています。WWEでこれをするのは主に男子選手で「女子っぽい感じを消してワイルドさを出すため」なんですが、この男子専門のデコレイトを、バズラー選手はやっているわけです!

ちなみに逆に男子で言うと、AJスタイルズだけは髪を濡らしていません(この記事でちょっと触れました)。

髪を濡らす、濡らさない・・・。


・カイリ選手も見せ場は作っていた。


大の字とガニマタ。

ただ、レスラーとしての魅力に関して言えば、メリハリをつけるシーン(行進、スピア、スライディングD、ダイビングエルボー)は、カイリ選手のほうが上で、これは「プロレス」をしっかりやって来ている選手ならではのパフォーマンスと言えるでしょう。

要するに、実力のバズラー vs. 華のあるカイリ、という試合構図に成るわけです。

(・・・なんか、偉そうな文章に成って来てしまってスミマセン。)


・試合はバズラー選手が勝った。


よい子は見てはイケません!!

最後はあっというまに、バズラー選手が「サイレントキル」の悪夢を再現、切り札クラッチで勝ちました。

試合時間は10分ない短いものでしたが、メリハリあって私は面白かったです。何より、このくらいの長さのほうが解説しやすいんですよね(←そのままじゃん)。


・カイリ選手とバズラー選手中心に、NXTは展開して行くのか?


盛り上がったなー、これ。

こうして、カイリ選手はムーン選手の王座から一歩遠ざかってしまいました。

驀進(ばくしん)中のアスカ選手に追いつくのは大変でしょうが、カイリ選手の場合、脳震盪(のうしんとう)もやってしまっているので、とりあえず、安全運転で行って欲しいものです。

娘がプロレスラーって、どういう気持ちなんでしょうね・・・。

しんみり。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m