エッジが帰ってくる(2020/1/26 Royal Rumble)

(「4万人入ったか~・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

(2020年)1月26日ミニッツメイド球場で、四大大会のひとつ、RoyalRumbleが開催されました。

観客動員数は42,715人と好調だったみたいで、気をよくしたWWEも久々に数字公開です。

昨日のWorldsCollideの数字は公表されてませんが、目分量ですが1万人くらいじゃなかったかなあ・・・

結構黒幕貼られたり、ライトアップが上段まで届いてなかったり・・・・というのが気になりました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・エッジが帰還。


なんか仙人みたいになった
エッジ。

ほんとうの帰還かどうか分かりませんが、エッジ(Edge)が登場して、一番盛り上がる場面をつくりました(上掲画像)。

最後の四人・・・ドリューマッキンタイア、ロマンレインズ、ランディ―オートン、エッジ・・・というところまで残りました。

ちなみにブロックレスナーは1人目で、13人消してドリューマッキンタイアに消されました。

エッジ登場が21人目で、最後30人目がセスロリンズ一味(アーサーオブペインズとバディマーフィ)だったので・・・

・・・かなり長い時間、エッジは試合していたようにみえます。

最後、エッジがランディ―オートンを消し、エッジがロマンレインズに消されました。

・・・やっぱり、ロマンレインズか~・・・とおもってたのですが・・・


・ドリューマッキンタイアだった。


とにかく
体臭がキツそう
という偏見があるのだが、
錯覚であってほしい。

勝ったのは、まさかまさかの、サイコパス野郎ドリューマッキンタイア(Drew McIntyre)でした。

ずっとプッシュされるプッシュされる・・・言われていたのですが、ついに本当にプッシュされました。

これは現場監督からのプッシュで、制作部オシではないとおもいます。

はたしてドリューマッキンタイア、どう発展して行くのでしょうか。


・ナカムラシンスケは・・・


ゲートキーパー(門番)
みたいになっていた
レスナーに、
ナカムラシンスケは
あっさり消去される。

ナカムラシンスケは、11人目に出て来て・・・ブロックレスナーと、ついに交えました。

レスナーがその都度入場者消去していたので、1対1でした!

これは結構心臓ドキドキ・・・!!

・・・ですが、すぐ負けました。

オーバーザトップロープ。

1分ちょっとしかレスナーに絡みませんでした・・・

・・・こりゃナカムラvs.レスナーの計画ないな、と確信した瞬間でした。

・・・・・

とりあえず、今日は以上です。

それでは、またあした。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m