ナカムラ選手の近況とレイミステリオJr.戦(2018/10/16 Smackdown)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。(2018年)10月16日、Smackdownの1,000回記念が、ワシントンD.C.で行われました。

記念すべき今回のトリは何と、ナカムラ選手の試合でした。

(以下、画像出典はWWEです。)


・The World Cup(WWEの)


ワールドカップとか言って

みんなアメリカ人だし、

みんなおっさんじゃん。

・・・

というCagesideseatsの記事。

ナカムラ選手がレイミステリオJr.と戦ったのは、WWE主催のワールドカップ(the World Cup)というクラウンジュエル内のイベントのための出場権を争う・・・という脈絡の中でした。

クラウンジュエル、正直、開催国であるサウジアラビアの反体制派ジャーナリスト拷問致死疑惑から開催が危ぶまれているのですけれども、このワールドカップの予選(?)だけは続けられているみたいです。

この問題は結構、一般紙にまで及んでいて、朝日新聞がえぐい記事を書いています。

サウジ不明記者は「尋問中に手違いで死亡」 CNN報道

不明記者、生きたまま切断か サウジ見解と異なる可能性

ちなみにWrestlingObserverの第一報が以下の記事。

WWE ISSUES STATEMENT FOLLOWING SUSPECTED MURDER OF SAUDI JOURNALIST

・・・ウチ(本サイト)の編集長、こういうの追及するの好きなんですよね・・・。


・ひさびさのナカムラ選手。


要するに来年のレッスルマニア出れるか?

Smackdown1000回目、という重責を担ったナカムラシンスケ(Shinsuke Nakamura)選手ですが、やはりメディアには将来を不安視されており、上掲記事のような大御所BleacherReportの論調が目を引きます。

尊師戦(vs.タイデリンジャー)あたりから「やっぱりWWEのナカムラの使われ方おかしいぞ」というのが各メディアの感じ取っていることです。

BleacherReportは、こんな風に語っています。

US王座は、ナカムラの現在の地位を何ら保証していない。

「ナカ-メリカ」ギミックは崩壊途上にある国家のようなものであり、その財産は他の誰かに奪われる運命にある。

After all, the titles should, for all intents and purposes, only be going to the most important people, and if you hold one, you should be a big deal.

Sadly, that isn’t the case, and as more time goes on where Nakamura is booked like an afterthought and someone who is window dressing to a bigger story he’s not involved in, the more obvious it will become that Nak-America is a crumbling nation doomed to have its assets seized by someone else.

結局、来年(2019年)のレッスルマニア出れるかどうか・・・って話なんですけどね。

今のところ、到底その場面は想像できません。

・・・となると、歴史的に振り返った時「2017年の一発屋」という烙印をレスラーナカムラに人々は押してしまうのでしょうか。


・試合見ましょう。


レイミステリオ4年ぶりの復帰。

ワールドカップは、

右端に出ているメンツで、

ほとんど決まっているみたいですね。

最後の1枠決定が本試合。

とにかく試合見ましょう。

レイミステリオJr.は本サイトでは、ALL IN以来です。

周知の通り、ルチャ系のレジェンドで、紫雷イオ選手も一番好きな選手にあげていました。


・ガチで負けた。


619(シックスワンナイン!)

試合ですが・・・170cmくらいのレイミステリオJr.が、190cm近いナカムラ選手に勝てるはずもなく・・・パニッシュメント系の試合だったのですが・・・

最後、上掲画像の通り必殺技のシックスワンナインで、レイミステリオJr.がナカムラ選手に勝利してしまいました。

いや~記念すべきレイミステリオJr.の復帰戦とは言え、これじゃあジョバーじゃん、ナカムラさん。

いやな試合が続きますが、どこかで吹っ切ることができるのでしょうか。

つづけて注視したいと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m