紫雷イオ選手の初戦(2018年MaeYoungClassic)。

(「すんげー英語うまい」出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。今週(2018/09/23の週)はWWEで日本人選手に大きな動向があったみたいですね(トザワ選手以外・・・)。

順次、お伝えして行きたいと思います。

まずは、注目の2018年メイヤングクラシック初戦、最後の放送となる現地時間9月26日(水)の結果です。

ただ、収録と放送には時間差があります。

収録は決勝戦を除き(2018年)8月8日、9日に一気に行われました。

すでに結果は出そろっており、決勝はトニーストームvs.̪̪紫雷イオです。

その決勝こそ、(2018年)10月28日WWEエボリューションで行わます。

この決勝の結果だけが、まだ分かっていません。

しかしそれ以前の結果は既に出ており、すでに収録がなされています。

(くわしくはメイヤングクラシック2018①~④の連載をご覧になってください。)

このため、本記事では、時間遅れで放送された、既に結果の分かった試合のひとつである紫雷イオ(Shirai Io)選手の戦いを、しかしあたかもその先がまだ分からない、という建前でお伝えすることになります。

紫雷イオ選手!決勝まで進めるか!?(←しらじらしいんだよ)

(以下、画像出典はWWEです。)


・というわけでイオ師範登場。


原稿あって、それ読めば、

たぶん英語ペラペラに見える。

下馬評的には、今回のメイヤングクラシック、紫雷イオ選手が頭ひとつ抜けている-ただポテンシャル的には英国女子王座戦優勝したリアリプリー (Rhea Ripley)も強力ーので、優勝確実です。

しかし、ショービジネスとしてのWWEの意向で、出鼻をくじかれる、という可能性がないこともない。

順調な出だしを期待したいところです。

ちなみに、紫雷イオ選手の英語は、発音面においてですが、かなり上手です。

それまではヒデオ選手が一番だと思っていたのですが、やっぱり女性の声の質というか、そんなところから、やっぱり紫雷イオ選手が今の所、一番発音上手ですね。

原稿しっかり暗記できれば、マイクも任せられるはずです。

いまのところ、

途中から日本語になってしまう。

(「男女の差はない」と熱弁するイオ師範)


・ザイアブルックサイド(Xia Brookside)


向かって左:義父の Robbie Brookside

向かって右:19歳女子 Xia Brookside

紫雷イオ選手の初戦の相手であるザイアブルックサイド。

義父(step father)が、ロビーブルックサイドという有名なレスラーのようです。

またザイア選手もスターダムに所属していたそう。

ということは同門対決のわけですね。


・というわけで試合。


覆面は今のところ続行。

というわけで、試合です。

メイヤングクラシックの方針で、1時間に目いっぱい選手みせる、ということがあるので、短時間決戦になります。

紫雷イオ選手は日本の時と同じく覆面で登場。

もしかしたら制作部の意向で、この覆面は外すように指示されるかも。

ただ最近、アニメ文化のおかけで、海外のひとたちも「日本的なノリ」に免疫が出て来たみたいですね。

もしそうなら、覆面続行か?

カイリ選手も

手ブレをものともせず応援。


・当たり前だが勝った。


ムーンサルト!!

試合は、ムーンサルト→フォールで紫雷イオ選手が勝ちました。

紫雷イオ選手は試合中、終始余裕の笑みで楽しく展開。

ただ、スポーツがスポーツだけに、紫雷イオ選手のこの余裕を引き出した、つまり優れた選手であることを引き出した、ザイアブルックサイド選手の技量にも拍手ですね。

関係ないですけど、例の顔面崩壊事件―世IV虎(よしこ)vs.安川惡斗(やすかわあくと)-があっただけに(2015/02/22)、女子プロレスラーほど、外見やケガを回避するWWEを目指してほしい・・・なんて勝手ながら思ったのでした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m