紫雷イオ選手の第2回戦(2018年MaeYoungClassic)。

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ぜんぜん追い付いていないですけど、遅ればせながら(2018年)10月10日放送のメイヤングクラシック第2回戦での紫雷イオ(Io Shirai)選手の試合を見てみたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・セカンドラウンド!!


絶対ゲーム化視野に入れてるよな。

さて、今回イオ選手の対戦相手になるゼウクシス(Zeuxis※)選手ですが、元CMLLや現AAAの、ルチャリブレでのトップスターです。

(※英語発音で書いています。)

なんでルチャドール(女性だとルチャドーラみたい)って、人気出ると太るんでじょうかね。

ゼウクシス選手もその例にもれず、実力テクニックトップクラスながらふっくらしています。


・どんな試合だった?


イオ選手のムーンサルトって

溜めないんですよね。

セカンドロープから始め、

イチ、二のサンッ!

みたいな感じで飛ぶんですよ。

ゼウクシス選手の攻撃が、体重のあるぶん重く響く、試合序盤でした。

序盤のラッシュはイオ師範もさすがに素で痛そうでした。

というか脱臼しそうな感じでした。

レベル的には、もう今やっているRAWとかでやってるベラ姉妹とか、Smackdownのカメーラ(カーメラ)とかお話にならない、しっかりした、ハイレベルな試合でした。

関係ないですが解説聞いていて気づいたのは、WWEでは、メキシコのプロレスを「ルチャ」でひとくくりにする一方、日本のプロレスを「ストロングスタイル」でひとくくりにする傾向が出て来た、ということです。

日本語読みで「Puroresu」も、たまに聞くんですけど。

そんなPuroresu、ストロングスタイルのイオ師範が、最後は第1回戦と同じく、ムーンサルトからのフォールで、勝利をおさめています(上掲画像)。

小橋建太とか武藤敬司とか、往年のレスラーがムーンサルトで膝痛めているだけに心配ですが、紫雷イオ選手の場合、上手くやっているのでしょうか。

とにかく故障はせずに、着実に現在のチャンスをものにして欲しいと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m