シェイナバズラーが新NXT王者に!!

(「UFCではありません」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。今年のレッスルマニアの開催地であるニューオリンズと日本の時差は14時間だと言われています。というわけで、間もなく現地で開催という感じのレッスルマニアですが、WWEでは、4大大会(※)前日に、NXTTakeOverというNXTの大会も開催しています。

(※ロイヤルランブル、レッスルマニア、サマースラム、サバイバーシリーズの4つですが、レッスルマニアは別格です。)

今回、レッスルマニア前日の4月7日(土)にも、TakeOver大会は行われ、大変盛り上がりました。

注目すべきなのは、女子王者の移動があったことでしょう。ずっとNXT王者だったエンバームーン(Ember Moon)選手が、ついに王座を明け渡しました。

その相手は、カイリ選手がメイヤングクラシックで決勝を戦った、あのシェイナバズラー(Shayna Baszler)選手です。

どんな試合で、それが意味するところは何でしょうか。

ちょっと見てみましょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・比較的押していたムーン選手だったが・・・。


がっくり・・・。

審判「落ちた!」

試合自体は、打撃のムーン vs. サブミッションのバズラーという感じで進んでゆき、途中、ムーン選手も 以前(TakeOverフィラデルフィア大会で)バズラー選手にやられた腕折りの仕返しなど攻めていたのですが、最後は、あのエクリプスをキャッチされ、くぅいりふぅえだクラッチ(※)で、バズラー選手に、失神KO負けを屈しています。

(※切り札クラッチのこと・・・。解説者がこう発音する。)


・王座移動の意味するところは何か?


無責任に応援する

ロンダラウジー。

今回のタイトル移動の意味ですが、蚊帳の外だったカイリ選手には、しかし吉報なんじゃないかと思います。

というのも、今回のタイトル喪失で、エンバームーンの昇格の線が出て来たからです。

そうするとNXTは、バズラー vs. カイリセインを軸に展開して行き、カイリ選手にとってもチャンスが広がる、ということに成るはずです。

WWEは選手の鮮度にうるさいですから、早めにビチッとNXTタイトルを取り、カイリ選手には、昇格に向け、直実にステップアップして行って欲しいと思います。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m


・おまけ。


新日に居たリコシェ。

既にカリスマ。

3倍くらいオーラアップ。

鼻の高さは5倍くらいアップ。

NXTは遂に北米王座を新設し、今回のTakeOverで初代王座決定戦が行われました。

ラダーマッチ形式だったんですが、アングラ感全開で、めちゃくちゃ無茶してました。

リコシェ(上掲画像)の人気は、2番目くらいでしたね。

1番のカリスマは、アダムコールべいべーで、彼が初代NXT北米王座に輝いています。