ペイトンロイスっていいやつだなあ・・・(2019/4/23 Smackdown)

(「立場変わったね」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

先週昇格したカイリセイン(Kairi Sane)。

今週は、10分未満の短いセグメントでプッシュされました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・勢力地図確認。


これで1ユニット。

やっぱりまだSmackdown規模の観客に対し、カイリセインの知名度は皆無で、今回登場では反応薄かったです。

アスカの昇格1戦目がかなりハイプされたものだったことを考えると、ギャップがあるのは否めません。

そこでWWEは、カイリセインの脇を、タッグパートナーとして共闘するアスカ、そして元GMペイジで固めます。

ペイジというビッグネームがカイリセインについているのがポイントで、ペイジ自身は・・・

アブソリューション(ペイジ負傷により自然消滅)

→ GM(引退)

→ カイリ&アスカのユニットのマイク担当

・・・となるわけです。

正直、ペイジはワタシなにやってんだろう(仕事だからしようがないか)感が否めないのですが、そこはプロとして役目に徹してもらいたいです。

ペイジの機能で、カイリセイン&アスカがどうWWEファンに受け入れられるか、かなり変わってくると思います。


・勝った(カイリセインが)。


インセインエルボーからのフォール。

試合自体はカイリセインの紹介セグメントなので、対戦相手だったアイコニクスのペイトンロイスを秒殺・・・というものでした。

ただ、本記事トップ画像をみればわかるとおり、カイリセインとペイトンロイス、こんなに差が開いていたんだな・・・と少々驚きながら認識しました。

ペイトンロイスが、カイリセインよりずっと先を走っている、という意味です。

やっぱり昇格って、ぜんぜん位置づけを激変させるんですね。

ペイトンロイスはNXTでカイリセインのすこし下を行っていたような選手なんですよ(この記事)。とくにタイトルをとったわけでもないし(現タッグ王座が初でしょう)。

けれども、Smackdownに置いてみると、カイリセインよりずっと場慣れして、オーラがありました。

そんなオーラがあって、アイコニクス(ペイトンロイス&ビリーケイ)もヒールユニットなんですが、ペイトンロイス、根はイイ人なので(ヒデオイタミ引退記事参照)、今回しっかりジョバーをやってくれました。

・・・もう二、三かいカイリセイン紹介セグメントやって、アスカとのタッグ戦線本格始動となるのでしょうかね。

たのしみです。

それにしても、カイリさん、少女だ少女。

どこの女子高生?みたいな感じになっています。

というか外人女性がデカすぎなんだよね。

カイリさんのTwitterとかみると、すごくよくわかります。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m