アスカを叩いてはいけない。その1

(「かっこええ・・・」出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

日本のマットでは「華名(カナ)」、WWEでは「ASUKA」で活躍しているアスカ選手が、ついにNXTから昇格し、2017年10月22日、RAWブランドのTLC(テーブルラダーチェアー)大会デヴューしました。

いつも情報が後手後手の我らがニュースオールズ(←このサイトの名前)としては、やはり後手後手に、彼女の雄姿をお伝えしようと思います。

・・・いや、トザワ選手にね、というかネヴィル選手に熱を入れ過ぎてしまって・・・。(そんな”渾身の”トザネビ連載は、こちら。←誰も行かねーよ。)


・無敗ロード。


(「CDのジャケ写みたい」出典:WWE)

たぶん、しゃべらせたら一番面白いと思うのですけれども、シリアス路線でも決められるのがアスカ選手の強さ(WWEスターとしての)の気がしています。

何と言っても、無敗ロード驀進(ばくしん)中なんですよね。

ゴールドバーグ選手が持っていた173連勝を抜いたというのは、話題に成りました。

ちなみに、ゴールドバーグ選手は、こちらのかた(↓)です。

「て~て~てれれ~・・・♪」

ゴーバー、ゴ―――バー・・・

(出典:WWE)

2017年の新日本プロレスG1スペシャルUSAで、棚橋弘至選手と戦ったビリーガン選手も言われるのですけれども「オールドスクール」というレスリングスタイルの代表として、よく語られます。

そんなゴールドバーグ選手、2016年年末から2017年のレッスルマニアまでちょこっと復活し、あのブロックレスナー選手短い試合をこなし、大金を稼ぎました。


・叩きはじめた!?


そんな偉大なゴールドバーグ選手の記録を抜いたことで俄然、注目が集まるアスカ選手・・・

・・・のはずだったのですけれども、アメリカ人の性(さが)か、ベーブルースのホームラン記録を王貞治氏が抜いたことを認めないかのように、NXTからRAWに昇格したころから、アスカ選手を、米メディアがこぞって叩き始めました。

(参考「王貞治氏」)

一本足打法!

おいしいですよ!


・例えば?


(クリックで該当ページに移動します)

例えば、放送メディアの巨人ターナー社所有の「ブリーチャーレポート」というスポーツ紙は、こんな風に酷評しています。

アスカのオープニングマッチは何ひとつとして、彼女が未来の5つ星レスラーに成るという予兆を示していなかった。アスカは「屈強だが凡庸(ぼんよう)なレスラー」にしか見えなかった。

Nothing about Asuka’s opening salvos spoke to her being a five-star prospect. She has looked like a solid-but-ordinary Superstar.


・そんなに言うなら・・・。


このブリーチャーレポートだけでなく、いろいろな所で「アスカのデビュー戦はイマイチだったねえ・・・」という酷評を目にしています。

嫉妬か?

シンスケナカムラに、トザワカイリセインそしてヒデオイタミも残留となった今では、アメリカのプロレス文化が、日本のプロレスに呑み込まれることを恐れているのか?

ブシロードWWEの株を全部取って・・・(もういいよ)。

以上のような経緯で、本連載では、叩かれているアスカ選手のデビュー戦を、じっくり検証してみたいと思います。

イイ試合だったんですけどね。一体、何が不満だったのか・・・。

そんなレポートです。

次回に続きます。