レッスルマニア34(8)終:尻すぼみだったクルーザーウェイトトーナメント。

(「右下にレッスルマニア開始までの
時間が出ている・・・。」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。GMドレイクマーベリックの就任とともに開始されたクルーザーウェイトトーナメントでしたが、微妙な盛り上がりを引きずりながら、結果、レッスルマニア当日には、前座(Kickoffショー)に甘んじてしまいました。

このポシャッた決勝戦を最後にご紹介することで、2018年レッスルマニア34の記事を終えたいと思います。

(以下、画像出典はWWEです。)


・観客がまったく分かっていなかった。


ゴング!!

観客の反応を見る2人!!

・・・反応なし。

雰囲気としては、トザワ選手の王座戦に、かなり似ていました。

ストーリーラインとしては重要な試合だったんですけれども、観客がまったく分かっていなかった。そう、それは205Liveがずっと泥沼のように落ち込んでいたもの、観客の無関心です。

地方のショッピングセンターの中、家族連れやお年寄りの前でラッパーがライブするくらい、見ていて痛々しいものがありました。


・試合自体には、ちゃんとストーリーがあった。


最後まで勝利に執着するアリに、

「もう無理だ!」

と叫ぶアレクサンダー。

感動し、ま、せ・・・んよね。

試合自体は気合の入りまくったものでした。

開始早々「お前の気持ちを見せてみろ!!」と叫びながら、互いに猛ラッシュ。

でも、メルセデスベンツスーパードームの巨大な空気が、無名の2人の気合を呑み込み「なんかやってる前座のレスラー」に変えてしまいます。

見ていて、恐ろしいくらいのマイナー感で、これはアレクサンダーとアリが悪い、とかそういう次元ではありませんでした。

前座に決められた時点で、この試合への反応は決まっていたのでしょう。

試合自体は、054も外して力尽き、それでも勝利に縋(すが)り付こうとするアリに「もう無理だ!」とセドリックアレクサンダーが叫び、ランバーチェック(Lumbar Check)を決め、勝利をおさめています。

ランバーチェック(Lumbar Check)

一応、アレクサンダーに悪いんで、

載せときます。

膝で相手の背中を・・・って

ヒデヒデカッターじゃねーのか?


・なにが悪かったのか?


右下「レッスルマニア本番開始まで

あと52:06。

もうちょっと待ってね!」

ストーリー性もあり、盤石の態勢で臨んだはずの205Liveレッスルマニアバージョン・・・なにが、いけなかったのでしょうか?

なにもダメなところは無かった、というのが正直な感想です。

もう、マイナーとメジャーの深い溝を見せつけられたとしか言いようがありません。

ヒデオ選手も「自分は昇格していない」と認める発言をしている以上、205LiveがWWEの放課後授業みたいな位置づけであることは、もはや誰も否定できません。

・・・それがブラック企業の追い出し部屋みたいに成ってしまうのか?

これは、選手ではどうしようもない、根深い問題に見えました。

・・・・・

それでは。

これで、2018年レッスルマニア34の連載を終わりにします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m