Jacket Timeデビュー(2021/11/9 NXT)

基本的に、イケメン二郎よりの
ギミックです。
ふたりでベタベタの日本語発音で
いつ!ざけっとたーいむ!
と連呼するチタントロン(妙にさわやか)
がジワります。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

2021/11/9のNXTです。

この回のNXTは視聴率はボロボロだったんですけれども、日本人選手的には重要な動きがたくさんありました。

紫雷イオが6-womanタッグマッチに出場(2021/11/9 NXT)

ケイリーレイ vs. サリー(2021/11/9 NXT)

よろしかったら↑どうぞ。

(以下、画像出典はWWEです。)


・正式に命名


2o5Liveのときは、
まだJacketTimeというユニット名ではなかった。

さて、2o5Liveで試運転させたJacketTimeが、正式始動しました。

どベビー。

どイロモノですね。

ただ、結果としてよかったとおもいます。

まず、イケメン二郎は、WWEが求めている明るく楽しいプロレスができるレスラーなので、負けても存在感があり、たぶん、重宝されているんだとおもいます(実際、ほとんど勝っているところを見たことがない)。

KUSHIDAも、イケメン二郎の力を借りて、よ~~~やく居場所をみつけた、という安心感があるでしょう。

ぶっちゃけ、ヒデオイタミ&トザワアキラの二番煎じです。

ただ、ヒデオイタミ&トザワアキラは、な~んか、ヒデオイタミが暗かったんですよね。

それに比べ、KUSHIDAは、もうすこし懐が深いので、イケメン二郎とのコンビは、いい感じがします。

カブキウォーリアーズより、見た感じは無理が無く、私はJacketTimeのほうが好きですね。

負けても存在感がある、というのがポイントです。

ぶっちゃけお笑いです。


・負けた(JacketTimeが)


こ~んな風に
上半身の力だけであげて
パワーボムします。
→スリーカウント

試合は、対戦相手のCreedBrothersに負けました。

CreedBrothersは、海軍のブートキャンプ的というか・・・なんか、そんな全部イェッサー!でこなすような、脳ミソ筋肉タイプです。

アメリカのレスリング選手権で素晴らしい成績を残している・・・とか解説されていましたけど、よくわかんなかったです。

ゲイブルスティーブンソンの前フリでしょうね。

そんなこんなで、JacketTimeは負けました(上掲画像)。

トザワアキラも24/7王座でうにゃうにゃやっているくらいなら、JacketTimeのマネージャーになったほうが100倍いいとおもうんですけどね。

・・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m