サイバーファイトフェスティバル(2021/6/6 全試合結果つき)

向かって左から、
KO-D無差別級王者(DDTの最高峰)
秋山準、
プリンセスオブプリンセス王者(東京女子プロレスの最高峰)
山下実優、
GHCヘビー級王者(NOAHの最高峰)
丸藤正道、
という試合結果になりました。

こんばんは、ヤマガタです。

サイバーファイトは、NOAHをDDTの親会社サイバーエージェントが買い取ってできたプロレス団体です(この記事)。

東京女子プロレスも呑み込んで、今回、サイバーファイトフェスティバルという年間最大行事を、さいたまスーパーアリーナで開催しました。

コロナ禍の影響(しかも緊急事態宣言下・・・埼玉は含まれないのか・・・)もありますが、観客動員数は、4,800人でした。

参考:cagematch


・どんな興行だった?


これはさすがだった。

試合の雰囲気ですが、NOAHですね。

日本テレビ臭プンプンするのですが、サイバーエージェント=AbemaTVって、テレビ朝日よりですよね。

そこらへん、よくわからないですが、新日本プロレス(テレビ朝日)とぶつかるの嫌ったんでしょうか。

なんか、日本テレビ制作、みたいな雰囲気でした。

正直にいえば、メインだけ、だったかな(上掲画像)。

なんかもう、武藤敬司と丸藤正道の役者ぶりが、ほかの出場選手と格が違いすぎるし、試合のクオリティーも違いすぎる、という感じでした。

武藤敬司は、ほんとうに、動ける範囲で、完璧な見せ方しますね。

カメラワークとかも意識してそう(ご承知のとおり、WWEだとフィニッシャーは、必ずカメラの方向むいてキメます。レスナーのF5が典型)。

あとは・・・なんか、ライブハウス(=後楽園ホール)でやっていることを、スタジアム(=さいたまスーパーアリーナ)でやってしまった・・・みたいな場違いさでした。

ライブハウスで活きるパンクバンドの曲を、スタジアムで演奏してもわからんがな、みたいな。

・・・というわけで、個々の試合は、あんまり見る気おきませんでした。

メインは、丸藤正道が、武藤敬司を下し、GHC新王者になりました(上掲画像)。

他の結果、というか試合のラインナップは、サイバーファイトのホームページでみるのがいいでしょう。

参考:https://www.wrestle-universe.com/cff2021/

海外のメディアは、反応してないです。

どの試合で誰が勝った、ということは全然報じられてなくて、ただ、丸藤正道が武藤敬司に勝った、というところだけ、記事化されていました。

参考:MARUFUJI WINS GHC HEAVYWEIGHT TITLE AT CYBERFIGHT FESTIVAL

丸藤正道は、やっぱりすごい。

惜しむらくは、やっぱり、ジュニアの体型だった(身長 176cm)、ということでしょう。


・結果


結果のせときましょうか。

A defeat(s) B で、AがBに勝った(AがBを打ち負かした)です。

① Pre-Show Ten Man Tag Team Match
BeeStar (Mirai Maiumi & Suzume), Arisu Endo, Haruna Neko & Moka Miyamoto defeat Kaya Toribami, Mahiro Kiryu, Nao Kakuta, Pom Harajuku & Raku (12:29)

② Pre-Show Delayed Entry Battle Royal
Antonio Honda defeats Akitoshi Saito and Kazuki Hirata and Makoto Oishi and Masao Inoue and Mohammed Yone and Saki Akai and Shuhei Taniguchi and Shu Sakurai and Toru Owashi and Yoshiaki Yatsu and Yuji Hino and Yuna Manase and Yusuke Okada and Yuya Koroku (22:31)

③ Pre-Show Six Man Tag Team Match
Kouki Iwasaki, Shuichiro Katsumura & Yumehito Imanari defeat Keisuke Ishii, Ken Ohka & Shota (8:43)

④ Tag Team Match
Junta Miyawaki & Kinya Okada defeat Toi Kojima & Yuki Ino (7:39)

⑤ Three Way Tag Team Match
Hyper Misao & Shoko Nakajima defeat Hakuchumu (Miu Watanabe & Rika Tatsumi) and BAKURETSU Sisters (Nodoka Tenma & Yuki Aino) (8:04)

⑥ Tag Team Match
Sugiura-gun (桜庭和志 & 杉浦貴) defeat Danshoku Dino & Super Sasadango Machine (9:25)

⑦ Singles Match
Masa Kitamiya defeats Hideki Okatani (2:25)

⑧ Six Man Tag Team Match
Maki Ito, Marika Kobashi & Yuki Kamifuku defeat Hikari Noa, Mizuki & Yuki Arai (13:02)

⑨ Six Man Tag Team Match
Momo No Seishun Tag (Atsushi Kotoge & Daisuke Harada) & Hajime Ohara defeat Stinger (HAYATA, Seiki Yoshioka & Yoshinari Ogawa) (13:33)

⑩ Six Man Tag Team Match
DAMNATION (Daisuke Sasaki, Soma Takao & Tetsuya Endo) (w/Mad Paulie) defeat The 37KAMIINA (MAO & Shunma Katsumata) & Chris Brookes (14:36)

⑪ Twelve Man Tag Team Match
Eruption (Kazusada Higuchi & Yukio Sakaguchi), Akito, Naomi Yoshimura, Sanshiro Takagi & Yukio Naya defeat Kongo (Hao, 中嶋勝彦, Kenou, Manabu Soya, Nio & Tadasuke) (19:59)

⑫ Tag Team Match
The 37KAMIINA (Konosuke Takeshita & Yuki Ueno) defeat Kaito Kiyomiya & Yoshiki Inamura (17:51)

⑬ Princess Of Princess Title Match
山下実優 (c) defeats 坂崎ユカ (16:31)

⑭ KO-D Openweight Title Match
秋山準 (c) defeats HARASHIMA by referee’s decision (18:53)

⑮ GHC Heavyweight Title Match
丸藤正道 defeats 武藤敬司 (c) (23:30)

興味あるところだけ、日本語にしました。


・女いらん


山田邦子は、
ライガーの100倍くらい、
バッシングされてるぞ・・・。

あと、山田邦子は、もう炎上沙汰なんですが・・・

(松井珠理奈かどうだったかは、知らないですが)入れ替わり立ち代わり入ってきた女性コメンテーターがしゃべりすぎて、ほんとうにウザかったです。

私(ヤマガタ)、格闘技漫画で出てくるヒロイン、すっごく嫌いなんですよ。

ジャマというか。

格闘技なりプロレスは、少年漫画のノリで、男だけで血なまぐさくやらせたほうがいいとおもいます。

アナウンサーの静かな解説と、ふだんなにやってるかわからないけど、やたらプロレスにくわしいコメンテーターがいれば充分です。

でも、青木真也は、おもしろかったから許します。なんで、あんなお相撲さんみたいな声になったんですか?

本当に本人か確認しました↓

参考:【青木真也×堀口恭司】青木真也さんと対談しました!

ちゅうか、いつのまにレスラーになってたん、アンタ・・・という話です・・・

参考:青木真也(DDT)

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


・マイナー記事書きました


よろしかったら、どうぞ↓

山下実優 vs. 坂崎ユカ(2021/6/6 CyberFightFestival)