ゲイブルスティーブンソン(2021/10/4 RAW ドラフト2日目)

今年(2021年というか2020年度)
東京オリンピックで
レスリング重量級で優勝したひと。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

WWEのDRAFT二日目でした。

ASUKAなど、日本人選手については、他サイトにもまとめてあります。

参考:ASUKAがドラフトされない他(2021/10/4 RAW)


・ゲイブルスティーブンソン


ゲイブルスティーブンソンは、
UFC移籍も期待されていた。
(出典:MMA Junkie)

さて、今回のドラフトの目玉がゲイブルスティーブンソン(Gable Steveson)でした。

東京オリンピック(今年2021年開催=2020年度)のレスリング重量級で優勝した選手で・・・

UFC移籍もウワサされていました(上掲画像)。

身長185cm, 体重120kg.

そんなに大柄でもないです。


・紫雷イオはおあずけ


残念ながら、紫雷イオの昇格はありませんでした。

これは或る意味、当然でした(タッグチャンピオンやっているため)。

ただ、NXTから、ザイアリー(Xia Li)とミアイム(Mia Yim)が昇格しましたね。

ザイアリーは、SmackDownで、ミアイムは、RAW。

昇格のウワサされていたダコタカイは昇格しませんでした。

アリヤー(Aliyah)が昇格しました(ローバーストーンブランドは解体?)

ここらへんの判断基準は、ぜんっぜんわかりません。

ミアイムはRETRIBUTIONギミックで半分昇格してたんでアレなんですが・・・

ちょっと悔しいとおもいます(紫雷イオが)。

あと、イケメン二郎をプチッと倒したリッジホーランド(Ridge Holland)がNXTから昇格しました。

そんなところですかね。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m