ロマンレインズが王座防衛(2021/10/21 CrownJewel)

ブロックレスナーって実は、
やられ役好きなんだよね、このひと。
(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間2021/10/21, サウジアラビアのMohammed Abdu Arena on the Boulevardというネット上にはまだ情報が出回っていない会場で・・・

CrownJewelが開催されました。

WWEの世界戦略で、かなり重点が置かれている興行です。

キャパは60,000人ほどある会場のようですが、動員数は20,000人ほどだったみたいです。

観客は半分マスクで、ぎゅうぎゅう詰め・・・という感じでしたね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・結末はどうだったか


ポールヘイマンが、
ダウンしたままの
ブロックレスナーとロマンレインズの間に、
ベルトを投げ入れる。

メインは、ブロックレスナー vs. ロマンレインズでした。

15分もない短い試合でした。

メインになると、もう観客の集中力もないだろう、というWWEの考えだとおもいます。

ストーリーラインとしては、この記事あたりで触れた、旧クライアント・ブロックレスナーと、現クライアント・ロマンレインズのあいだで・・・

揺れる乙女心のポールヘイマン・・・というのが中心になってます。

最後、レスナーがロマンレインズを追い詰め、F5でフォールで3カウント取るのですが・・・

悪いことに、その3カウント前のF5がレフェリーにぶつかってしまい、レスナーが勝利を逃します(3カウント取るひとが居なかった)。

そうすると、のこり試合に関係しているのは、ポールヘイマンだけ、となり、揺れる乙女心で、ポールヘイマンが・・・

なにを血迷ったか、ふたり(ブロックレスナーとロマンレインズ)の間にベルトを投げ入れます(上掲画像)。


・ベルトが凶器とはおもえないが・・・


ジ・ウーソーズが
介入のスラストキック!

ポールヘイマンの投げ入れたベルトは、結局、レスナーが奪い取ります。

しかし、その瞬間ジ・ウーソーズが介入してきて、ロマンレインズをサポート(上掲画像)!

ふらついたレスナーを、凶器(かどうかわからないが)のベルトで、ロマンレインズが殴りつけ・・・

それでスリーカウント勝利、となりました。

ストーリーラインとしては、ロマンレインズの味方になり切れなかったポールヘイマンの責任追及・・・

・・・というのが続くことになるでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m