ダミアンプリースト(2021/11/1 RAW)

生き残りをかけて戦うインタビュアー
ケビンパトリック(Kevin Patrick)
のインタビューを受ける
現US王者
ダミアンプリースト。
(出典:WWE)

ダミアンプリースト・・・NXTの頃から、ちょっと気になるタレントでした。

その後、とくにNXT王者になることもなく、でもとんとん拍子で昇格。

現在US王者です。

とにかく、このひと、華があるんですね。

笑顔とか、怒りとか、感情表現がすごくうまいんですよ。

大体WWEが期待しているのがそれで、インディーあがりの鼻曲がりに、シネマティックな表現を身につけさせるところから、レスラーのWWE化が始まります。

参考:Rumor Roundup (Nov. 2, 2021): Lesnar/McIntyre, AEW’s first TNT special, NXT production, more!

それを嫌がって離脱したのが、ジョンモクスリーと言えます。

他方、ニューヨーク出身のダミアンプリーストは、そういうのが非常に上手い。

笑顔は一回みてください。

(以下、画像出典はWWEです。)


・T-BARもいい仕事した


ダミアンプリーストを怒らせてしまい
ボコボコにされたT-BARが
引きずられているところ。
これ、いい仕事してますよ・・・!
(T-BARが)

ダミアンプリーストは、なんだかよくわからないけど、T-BARと抗争していました。

T-BARというのは、レトリビューションの末裔で、ぶっちゃけ窓際族です。

出てきた瞬間、雰囲気を一瞬にしてMainEventにしてしまう・・・そういったタイプのレスラーですね(他に多数存在)。


・ダミアンプリーストが勝った(王座は賭けてなかった)


Reckoning !!
ここから身体を横に反転させて、
相手を顔面から叩きつける!

試合は、ケンドースティック(剣道の竹刀のことです)で腹をバキバキに痛めつけられたダミアンプリーストが怒って・・・

T-BARをめちゃくちゃにします。

そして最後はReckoning→フォールで、ダミアンプリーストの勝ち。

なにが言いたいのかというと、ダミアンプリーストは、いいレスラーだね、ということです。

このひと、NXTに居たとき、あんまり好きじゃなかったんだけど(いかにもダークなイメージ)・・・

昇格した方が輝いているね。

垢ぬけている、というか。

たぶん、もっと活躍するとおもいます。

ナカムラシンスケとも噛み合うとおもう。

・・・あ、ちなみに今回もASUKA出ませんでした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m