レッスルマニア34(4):いい加減アスカ選手のこと書かないと・・・その2。

(「だからこんな気分。」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。まだ日曜日(4月8日のWM34開催日)から、そんなに経っていないはずなんですけど、出遅れ感満々でレッスルマニア34について書いています。

(以下、画像出典はWWEです。)


・オッズ。


今年のレッスルマニア、目立ったところでは、下記の結果でした。

① アスカ選手、ざんねん!(シャーロットに敗退

② ナカムラ選手、まさかのヒールターン!(AJに敗退

③ 鉄板と思われたレインズ流血敗退!(レスナーまだWWE居るの?)

ビックリマーク使っていますが、しかし、これらは私の感想に過ぎないかもしれませんね。

そこで客観的に見てみるために勝敗予想サイトの「オッズ」を見てみましょう。

・・・と言ってもいろいろなサイトで、いろいろに予想しています。ここでは、とりあえず、OddsSharkさんのものを用いましょう。

① アスカ vs. シャーロット・・・アスカ -750 vs. シャーロット +450

② 中邑真輔 vs. AJスタイルズ・・・中邑 -450 vs. AJ +275

③ ロマンレインズ vs. ブロックレスナー・・・レインズ -400 vs. レスナー +250

と、このように、やはり大方の人にとって予想外のレッスルマニアだったのですね!!


・なんて説明されても分かるはずがないので。


・・・なんて説明されても分かるはずがありません。私も分かってないです。

上に記した+/-表記を、マネーラインオッズと言います(アメリカンオッズとも言います)。

私たちが直感的にわかるのは、オッズではなく確率ですから、以下に、上のマネーラインオッズを確率化してみましょう。

計算方法については、あんまりグチグチ述べないことにします。例えば、アスカ選手のマネーラインオッズ-750を、勝率(勝つという予想の確率)に直すと、次のようになります。

-750 = -(-750) / -(-750) + 100 ≒  88 %!!

なんとアスカ選手は約90%の確率で「勝つ」と予想されていたんですね!!

同様にして、上掲のオッズを「勝つ確率」に翻訳すると、以下のようになります(小数以下切り捨て)。

① アスカ vs. シャーロット・・・アスカ 88% vs. シャーロット 18%

② 中邑真輔 vs. AJスタイルズ・・・中邑 81% vs. AJ 26%

③ ロマンレインズ vs. ブロックレスナー・・・レインズ 80% vs. レスナー 28%


・そりゃ複雑な気分に成るわな。


複雑な気分・・・。

というわけで、圧倒的優位の予想の中、アスカ選手は、シャーロット選手に敗れてしまったのでした。

もちろん、プロレスなので、「WWEが裏をかいたストーリーラインを用意した」と言えば、そこまでなのですが。

中邑選手も、あれですよね、毎回毎回「今回は(ベルトを)取る!」と予想されての敗北ですから、フラストレーションも溜まっていることでしょう。

(おもに中邑選手に関連し、オッズについて書いたこの記事この記事も、ご参照ください。)

あ、もう字数、ずいぶん来てしまいました。

次、今度こそ、アスカ選手の試合について続き書きます。

書く前にアスカ選手について今、どんな話題が飛んでいるのか、調べてみようかな。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m