【続】AGAのクスリとコロナワクチンの相性

こんばんは、バールドです。

先日、ようやくコロナワクチン2回目の接種が終りました。

1回目とおなじように、その際のAGA薬接種と、その後の経過を記録してみたいとおもいます。

注意:以下は、あくまで個人の容態報告であり、広く一般に、AGA薬と、コロナワクチン接種の関係について、医学的根拠をもって説明するものではありません。


・基本データ


今回(2回目接種)も、ファイザー製のものでした。

接種時刻は、前回と同じく、午前11時ごろでした。


・当日のAGAおクスリ服用


私が現在AGA(薄毛)のため飲んでいるクスリは、以下のものです。

① デュタステリドで、銘柄はベルトリド

② ミノタブ5mg朝晩2錠

当日、午前11時接種でしたが・・・

私の起床は、朝7時でした。

つまり、接種4時間前。

起床すぐ、いつもの飲み方なのですが、ベルトリド1錠、ミノタブ5mg1錠、それぞれ飲みました。

その日は、2錠目のミノタブは、飲みませんでした。

翌日からは、朝ミノタブ1錠+デュタス1錠、夕方ミノタブ1錠の、もとの飲み方に治しました。

いまのところ、まったく以上はありません。


・副作用


前回(接種第1回目)は、接種した左腕に、筋肉痛の副作用が起こりました。

2~3時間後でした。

耐えられるし許容範囲だったのですが、無いに越したことはない・

そういうわけで、今回は、接種後、ずっと左腕の力を抜いて、右手だけで仕事などすることを心掛けました。

2~3時間経っても副作用は現れませんでした。

結局・・・

筋肉痛なんだから、筋肉に負担を掛けなければ、副作用も現れない!

・・・という当たり前の仕組みで起こっているようにおもわれます。

ただ、最終的に、接種箇所に筋肉痛の症状は出ました。

うごかしてなかったので気にならなかったのですが、翌日起床時に、ああ凝っているな・・・という感じでした。

でも1日経ったので、今度はガンガン動かし、いまだ大丈夫ですね(筋肉痛の感覚は若干あるが、凝り程度)。

第2回目接種時にお医者さんが・・・

医者「二回目のほうが副作用は出やすいし、強烈ですね!

医者「市販の鎮痛剤で緩和させてください!」

・・・と脅して来たので構えていたのですが、何事もなく、よかったです。

まあ、お医者さんも駄弁りのつもり、コミュニケーションで、そう言ったんだとおもいます。

いまとなっては、いい思い出です。

昨日のことだけど。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m