ナカムラシンスケとフィンバラーの抗争勃発(2019/6/25 Smackdown)

(「よかった」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2019/6/25)のSmackdownはオレゴン州ポートランドからライブでした。

WWE Live in Tokyoは、6月28日、29日なんですけど、このライブのために、ナカムラシンスケはまだ現地にいたのでしょうか。

いや、録画だろうね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・こんな話だった。


この場面がバックスクリーンに映し出されたとき、
結構、観客の歓声があった。

(いや、WWEが音声挿入しただけか?)

今回(2019/6/25)のSmackdownナカムラシンスケ、短いながら、バックステージで非常に重要なセグメントに登場しました。

フィンバラーが、SuperShowdownでの対アンドラデのインターコンチネンタル戦についてインタビューを受けているところに、ナカムラシンスケが乱入(上掲画像)。

案の定、セリフはなかったんですが、フィンバラーのインターコンチネンタル王座挑戦のセグメントを演じました。


・なぜ重要なのか?


相方ルセフは、
デイブメルツァーにも
いつWWEを辞めても
おかしくないと
太鼓判を押される始末。

3分もないセグメントだったんですけれども、最近のナカムラシンスケでは一番よかったシーンです。

これは、ファンなら、うなずくところではないでしょうか。

その意味は以下のとおりです。

① シングルプレーヤー復帰!

② しかもタイトル戦線(インターコンチネンタル)。

③ 相手はWWEではほぼ地位を確立しているフィンバラー。

④ しかも知り合い(新日本)。

⑤ がんばればサマースラムくらいまで行ける!

個人的には、これ、ナカムラシンスケのラストチャンスにさえ思えます。

どうだろう。

すっごくやりやすい相手(NXTつながりだし新日本つながり)のフィンバラーと、うま~く絡んで、かつての人気を取り戻すことができるだろうか。

いまトップタイトル(ユニバーサル&WWE王座)は、ヘタレなんで(セスロリンズとコフィキングストン)・・・・

・・・逆にインターコンチネンタルの方で硬派なフュード(抗争)ができれば、ここでグンとナカムラシンスケの評価があがるとおもいます。

大切にやってほしいですね!

・・・・というわけで、東京公演でのセスロリンズ戦は残念ながら負け決定です。

まあ、いいでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m