ASUKAとシャーロット王座陥落(2021/1/31 RoyalRumble)

(「このふたりは、
とにかくいいコンビ」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

WWEはロイヤルランブル翌日でも、もうRAWでストーリーを進めてますが、ちょっと、シャーロット&ASUKAの突貫工事タッグが、どのようにして王座陥落したのか、みてみたいとおもいます。

(以下、画像出典はWWEです。)


・リックフレアーが介入した


こんな感じで出て来て、
シャーロットの気を引いた。

敗因ですが、なんかシャーロットの親離れアングルから来ているようです。

親離れアングルとは?

✔ このRAWで、リックフレアーが、娘に対して謎の介入をした。

✔ 半分レイシ―エバンスのプッシュというかたちで、シャーロット vs. リックフレアーの確執が続いている。

で、今回のタッグ王座戦で、最後シャーロットが、フィギュア8で、シェイナバズラーをキメようとするところに、突然リックフレアーが介入して来ます(上掲画像)。

レイシ―エバンスも、シャーロットの邪魔します。

四面楚歌のなか、シャーロットは、ナイアジャックスに圧殺されて、タッグ王座陥落。

こうしてASUKA&シャーロットは、タッグ王座陥落しました。


・どう話は、すすむ?


ちょいちょい、
シャーロットの本音をみせる
カットが入る。

気になるのは、シャーロットとASUKAですが、インタビューではシャーロットはイヤではないとは言っていたものの・・・

アングル上は、どこかでシャーロットがASUKAを裏切る、ということが臭(にお)わされています。

私の直感ですが、たぶん、ASUKAはレッスルマニアまでベルトもたないんじゃないか、とおもいます。

演出上も、いま二冠のASUKAではなく、シャーロットのほうが全然フィーチャーされてますし・・・

実際、メディア上の興味は、ASUKAには、ほとんど向いていません。この点では、むしろ紫雷イオのほうが人気あります。

もしWWEが、きちんと視野を広げて入れば・・・

視聴者が望むのは、紫雷イオが、ASUKAを乗り越えてゆく、というアングルでしょう。

なので、これ以上、ASUKAを立てるのは止めて、話題性が消えないうちに、紫雷イオとASUKAの確執アングルに移行させたほうがいいとおもいます。

・・・サリー(Sareee)は、NXTでも無理でしょう。わるいですが。NXT UKあたりのアングラから、徐々に外人に支持をつけさせたほうが安全だと思います。

そんな風におもってます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m