ちいさなニュース連発【2021/3/31 更新】

(「キーパーソン」
この記事から)

こんばんは、ヤマガタです。

現在の主要ニュース、ソース(情報源)は一部割愛してお伝えします。


・ゼリーナベガ


けっこう、いま渦中のひと、となっているのがゼリーナベガです(トップ画像)。

OnlyFansというエロジャンル(ゼリーナベガ自身はやってないが、YouTubeなどで小出しにして、本丸へと誘導するエロキャスト多数・・・当然課金アリ)を教えてくれた”スーパースター”でもあります。

ゼリーナベガは、あのアンドラーデのマネージャーという役柄でしたし、アリスターブラックの実の妻でもあります。

こういうの、なんていうんでしょう。トリプル役満みたいな位置づけなんですよ。


・アンドラーデ


そのアンドラーデ&ゼリーナベガのアングルを、そっくり頂こうとしているのが、アメリカの長嶋茂雄と言われるトニーカーン率いるAEWなんですが・・・

・・・その路線で、どうやらゼリーナベガは、或るところと契約下にあり、身動きできないらしい・・・という、いかにもダートシートが好きそうな話題が出て来ています。


・アリスターブラック


スラストキック禁止令が直撃したレスラーのひとりでもあるアリスターブラック(ブラックマス)ですが・・・

妻ゼリーナベガと一緒に干されるというメディアの予測をよそに・・・

現在出場していないのは、ただのケガみたいです。

参考:Backstage Note On Aleister Black’s WWE Status

キャラ的には、もうAEWに半分足つっこんでますが・・・

ちなみにスラストキック禁止令で、おなじく直撃したクレイモアキックの使い手ドリューマッキンタイアですが・・・

あれは足じゃなく肩でやる技なんだ!みたいに言い訳していました。

参考:“It’s become so blatant” – Drew McIntyre comments on WWE leg slap ban

【2021/3/31 更新】

RAW欠場中のキースリーも怪我・・・というか健康問題(health issue)という微妙な説明がされています。

参考:Backstage Update On Keith Lee’s WWE RAW Absence


・シャーロット


アンドラーデ・・・リリース直後はしゃいでいてウザったかったんですが・・・

その”彼女”シャーロットは、まだ・・・というかサプライズの一種として、レッスルマニアに登場するみたいです。

ASUKAとリアリプリーとで、抗争始めれば、素晴らしいですけどね。

【2021/3/31 更新】

すでにご存知のかたが多いでしょうが、この件については、WWEがシャーロットが妊娠した、と誤認したのが元々の原因だったようです。

参考:Charlotte Releases Statement About Andrade Interview


・メインイベント変更について


不動のメインとおもわれたエッジ vs. ロマンレインズですが、ダニエルブライアンが入ってトリプルスレットになったことが注目されています。

ダニエルブライアンは、それと、もう1点注目されていて、じつはロッカールームリーダーなんじゃないか、とウワサされ、本人が、それを否定しています。

参考:Rumor Roundup (Mar. 29, 2021): Logan Paul at WrestleMania, Daniel Bryan, Raw plans, more!

セザーロがレッスルマニアで試合摑んだのは、ダニエルブライアンのプッシュがあった、みたいな話もチラリとどっかでみました(間違っているかも)。

で、トリプルスレットですが・・・

私の予想は、

ビンスマクマホンはじめWWEスタッフが、またしてもロマンレインズに大ブーイングがかけられるのを恐れ、緩衝材としてダニエルブライアンを入れた。

・・・でした。

でも、ヒール(なんですか?)のエッジにブーイングが行くことを、むしろ恐れた、みたいな解説がなされています。

参考:Backstage reason why Vince McMahon changed WrestleMania 37 main event plans – Report

この記事↑の”they were afraid that Roman Reigns was gonna get cheered against Edge and f**k up the match.”というところですね。

とにかく、エッジには絶対の自信をもっていたWWE上層部なり、制作部の信頼が、ちょっと揺らいできた、という印象です。

エッジは、おもったより老けている!

これ↑が理由だ、ってのが最近よんだ記事です。

参考:Rumor Roundup (Mar. 27, 2021): WrestleMania 37 change, Charlotte Flair, WWE touring, more!

とにかくビンスマクマホンの煮詰めがすごいみたいです。


・ビンス亡き後のWWE


ビンスマクマホンが死んだら、WWEも極真会館みたいになる(←ひどいアナロジーだな)という気がするんですが・・・

ただ、ステファニーマクマホンは、ビンス総裁の教えは絶対、と断言しています。

参考:Stephanie McMahon On How WWE Will Operate After Vince McMahon Steps Down

・・・てか、取り分争奪になるだろうね。

シェーンとステファニーの対立は避けられないだろうし、レジェンド系は手のひら返すようにわがままになるだろうね。

ロックとかもなに言いだすかわからん。アンダーテイカーとかも暴走しそう。

つまりWWEのブランド解体が始まるだろうし、他団体は、不謹慎ながらも、そこにチャンスをみいだしているでしょう。表向きはお悔やみで祭り上げるだろうが。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m


2021/3/31 追加


チャーリーカルーソの話あったじゃないですか・・・。

正式にESPNに移籍だそうです。

参考:FORMER WWE INTERVIEWER CHARLY CARUSO JOINING ESPN FULL-TIME

これ↑読むと、かなりワガママだったみたいですね・・・

美人だけど気の強い、独立した女性は、私は苦手です・・・(←聞いてねーよ)

ちなみに、この件について、ポールヘイマンが”邪魔者いなくなったしね!”みたいにカイラブラクストン(Kayla Braxton)をイジっている場面があって、以上の文脈でみると、おもしろいですね↓

参考:Of course Paul Heyman alluded to Charly Caruso’s situation on Talking Smack