レッスルマニアはセザーロに(2021/3/26 SmackDown)

(「・・・まあ、引き立て役やれって、
言われているんだからね・・・」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

レッスルマニアは、セザーロ vs. セスロリンズ(特にタイトル絡みなし)に決定しました。

ねらいとしては、40代~50代くらいの幼稚なコンテンツが嫌いな玄人層向けだとおもいます。

セザーロは、ほんとうに玄人層では人気が高くて、みてくれはパッとしないのですが、グッドシェイプと技術力において、WWEでも非常に評価が高いんですよ。

参考:Cagematch

ちょうど、里村明衣子が好きだっていうファン層と重なるとおもいます。


・今回のSmackDown


カーブストンプ!!
・・・
Sellingするには、
相手の足に吸い付くように、
自分も跳ね上がるのがコツ。
(このナカムラシンスケの動きは100点)

今回のSmackDownですが、とくに予告もバックステージもなく・・・

Fastlaneのリマッチが唐突に組まれました。

非常にいい試合だったんですが、結果から言えば、ナカムラシンスケはセスロリンズに完敗×2でした(上掲画像:カーブストンプ→フォール)。

せめて、セスロリンズにDQ勝利(つまりセスロリンズが反則してナカムラシンスケが勝ち)にでもなれば、すこしはメンツは保てたんですが・・・

・・・完全に引き立て役でした。

・・・で、負けた後、セスロリンズに執拗に、尊敬しろ、尊敬しろ、みたいにイジメられているところにセザーロが救出に来て(まだコンビ解消してなかったんですね!)・・・

レッスルマニアでのセザーロ vs. セスロリンズ戦決定。


・どうなるでしょう?


まだ試合もらえるからいいや(アンドラーデとは違うぜ)、というのがナカムラシンスケの思考でしょうね。

あるいは、いい試合をしていればチャンスは巡って来る、という希望論、楽観論でしょう。

或る意味、セザーロは、そのやり方でチャンスを摑んだ、と言えるのですが・・・

日本のファンのかたがたの視点でいえば・・・

今回のセザーロとセスロリンズ戦をひと区切りにして、

セザーロ&セスロリンズ&ナカムラシンスケ

というヒール軍団ができる。

・・・これが、一番のぞましいストーリーになるとおもいます。で、ロマンレインズと抗争でも始めれば(ヒール同士ですが)、いちばんいいのですが・・・

・・・どうなるでしょうか。

実現すると、ベビーいなくなっちゃいますからね・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m