スラスト(トラース)キック禁止令

(「日本だと丸藤が使いますよね」
この記事から)

こんばんは、ヤマガタです。

最近ずっと気になっていることは、WWEにおいてスラスト/トラースキック(thrust kick)が禁止になった、ってことですね。


・経緯


こんな経緯だったみたいです。

WrestlingObserverのデイブメルツァーによると・・・

試合場入り口(gorilla position※)ならびにバックステージに、新たな張り紙が出されたらしい。

いわく「キックの際、足を(相手の顔面に)ピシャリとぶつけないこと!」

この張り紙は、ビンスマクマホン直々のもので、スマックダウンをチェックしていたとき、このムーブ(thrust kick)に大変驚いたから、らしい。

Meltzer said there is new signage outside the gorilla position and backstage that reads “Do not slap leg when kicking.” From what Meltzer was told, Vince McMahon saw someone do a fairly obvious slap on an episode of SmackDown and got upset, resulting in the new doctrine.

※ゴリラポジション(gorilla position)については、Wikipedia参照。

参考:WWE BANS SLAPPING THE LEG/THIGH WHEN THROWING KICKS


・いわゆるハイキック系は全部だめ?


やってみるとわかるんですが(やってみんなよ)、スラスト/トラースキックって、ようするに、足の裏に空気をためて、相手の顔に、ビンタっぽく当てるテクニックで・・・

・・・効いてはいないです。

上記引用記事中で、メルツァーも言っていることですが、ようは、デクスタールミスのところで言及したパンチのやり方と意図は一緒です。

効果音で、観客に技をやっているようにみえるだけ。

・・・でも、ビンスマクマホンには、危険な技にみえたみたいですね。

スラスト/トラースキックですが・・・

セスロリンズ、ドルフジグラー・・・あたりが多用しますよね。

ちょっと違ったタイプが、ジョンモリソン

ジョンモリソンは、ロープ際で、トラースじゃないですけど、パチン!ってやるキック得意なんですけど、あれも、禁止でしょうね。

・・・メディア間では、トラースキックを多用するヤングバックスに対するアンチがうんぬん・・・ってことも書かれてましたが、割愛します。

ちょっと気になったので、とりあげてみました。

・・・・まあ、ビンスマクマホンが四天王プロレスとか見たら、アホじゃないか!って言うでしょうね。

いまでもYouTubeで、たまに見ると、ドン引きします。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m