紫雷イオ FATAL 4 WAY(2018/12/28 NXT)。

(「心持ちドット絵」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

いよいよ紫雷イオもNXTの一員としての活動が活発になって来そうです。

今回(2018/12/28)、シェイナバズラーの持つNXT女子王座挑戦権を掛け、フェイタル4WAYが行われることになりました。

しかし相変わらずストーリーラインめちゃくちゃやな・・・先週のタッグ抗争はどうなったんでしょうね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ビアンカべレア。


リップサービス

(っていうのか?)

・・・で、今回の議題が上掲画像のチャラいねーちゃん、ビアンカべレア(Bianca Belair)です。

身も蓋も無いこと言うと、このひとが獲ったんですよ、フェイタル4WAY。

2017年のメイヤングクラシックでカイリセインに消されたものの、影の実力者といった趣の選手です。

チャラいですが、強そう。

早速見てみましょう。


・どんな試合だった?


こんなに存在感あったか?

フェイタル4WAYの参加者ですが、本記事トップ画像にある通り、紫雷イオ、レイシ―エバンス、ミアイム(Mia Yim)、そしてビアンカべレアです。

ミアイムは、今年のメイヤングクラシックでトニーストームに消されています(この記事参照)。

で、どんな試合だったか・・・ということなんですが、レイシ―エバンス(上掲画像)がかなり存在感ありました。

レイシ―エバンス、最近昇格決まったんですが、こんな大柄で、技にも力あったか、と少々驚きました。

これとカイリセイン、抗争していたんですよね・・・よくもったな・・・。


・ビアンカが勝った。


K.O.D.!!

(Kiss of Death)

どくにビアンカべレアが目立った試合でもなかったんですけど(紫雷イオを髪の毛でムチ打ちするシーン以外)、全体的にハードヒットで危険感満載でした。

WWE女子プロレスは、本当に今、底上げがスゴイですよね。

こんな試合、RAWやSmackdownじゃ、やってないですもんね。

そんなわけで、各人が各人の色を出した後、なんとな~くビアンカべレアが勝利を得ました。

レイシ―エバンスからのフォールでした。

紫雷イオは、あれだね、いでたちが素晴らしいね。

本当にファイターって感じです。

もうちょっと寝かせて、ドカンと行くんじゃないんかと思ってます(イオ師範のこと)。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m