ナカムラシンスケの現在(2020/2/5)

(「このセグメントは
それなりに意味を持つかもしれない」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

今回(2020/2/5)、SmackDownでナカムラシンスケの出番はありませんでした。

ほんの10秒くらい、口パクで、エッジと、よろしく、みたいに話している場面が映し出されただけです(上掲画像)。

なんの意味があったのでしょうか。


・WrestlingIncのリポート


WrestlingIncが興味ぶかいリポートを出しました。

参考:Backstage News On Cesaro’s WWE Status

ナカムラシンスケの元相方(ここでタッグは穏健に解消)、セザーロの契約状況についてのリポートです。

大枠は、セザーロが今年のレッスルマニアあたりで契約が切れるから、身の振り方どうすんだって話です。

各メディアが更新、と考えています。

ただ、ポイントはそこにはなくて、ナカムラシンスケが絡んでいる、ということです。

まとめると、こんな風↓になります。

✔ ナカムラシンスケが、ガントレットマッチに勝って、ロマンレインズまで、もう一歩、みたいなときがあったが(ここ)、あれは、もともとセザーロの役回りだった。

✔ しかし当時、セザーロは、まだ契約更新をグズっていたので、上層部が、ナカムラシンスケに置き換えた。

・・・というわけで、あの大躍進は、べつにナカムラシンスケである必要はなかったわけです。


・いまのナカムラシンスケ


上掲WrestlingIncのリポートによると、ナカムラシンスケは、現在、完全にベビーフェイスとして制作陣から捉えられているとのこと。

そして求められる役回りは・・・

ほかのベビーの引き立て役に回れ、だそうです。

・・・ここからトップ画像の意味がわかってきますね。

おそらく、ひとつの展開として、ナカムラシンスケは、エッジのタッグパートナーかなんかで、エッジの引き立て役をさせられる可能性があります。

あるいは、ナカムラシンスケが、襲撃されているところにエッジが助けにくるとか・・・

エッジはご老体ですから、体力分散、ケガ防止のためにも、ナカムラシンスケがバリヤーになる、という役回りをさせられるのは腑に落ちます。

いずれにせよ、センターじゃないですね・・・

大人しい飼い犬といったら失礼ですが、逆らわずに、給料だけ、淡々と貯める・・・それが、いまのナカムラシンスケの立ち位置のようです。

・・・たぶん、このまま低空飛行で、行けるところまで、でしょうね。

NXTへの出向が、あるとしたら最後のチャンスです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m