レッスルマニア35③:まさかの脇役レスナー。

(「去年2018年のレッスルマニアはこちら
以下画像出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

現地時間(2019年)4月7日(日)、プロレス祭りで沸くニューヨークのすぐ近く、ニュージャージー州イーストラザフォードで「祭りのトリ」レッスルマニア35が開催されました。

観客動員数は82,265人と、去年の78,133人を大幅に上回っています。

今回は、本レッスルマニアで一気に株を落とした、株大暴落のブロックレスナーのユニバーサルタイトルマッチを見てみたいと思います。


・経緯。


奥からポールヘイマンが出てくる。

メイン定位置だったレスナーが、第1試合目で、しかも王座陥落。

一体、どんな経緯だったのでしょうか。

レッスルマニア自体は、ホスト役のアレクサブリスが出て来て、なんか話して、ハルクホーガンを呼び込みます。

あ~ホーガンひさしぶりでよかったね~・・・という所に、ポールヘイマンが割って入ります(上掲画像)。

ヘイマンはリングに上がってこんなこと言います。

ヘイマン「こんな茶番につきあっているヒマはない。」

ヘイマン「私のクライアント(ブロックレスナー)は、この後すぐにラスベガスに飛ばなければならないのだ。」

ヘイマン「とっとと王座防衛をして、我々は引き上げる。」


・ついにマンネリレスナーも賞味期限切れか。


curb(へり)+stomp(ストンピング)
=curb stomp
≒ curbstone(縁石)

・・・で、ビーストスレイヤーとしてセスロリンズが入場。

試合はね・・・いつものヤツでした。

プロレスの試合になってないヤツ。

場外戦が続いた後、ゴング。

で、お決まりのスープレックスシティ。

けれども、ここから、変わります。

・・・・といってもセスロリンズがレスナーに金的をしただけなんですが。

そこで形勢逆転して、カーブストンプ(上掲画像)。

何回かカーブストンプ→フォールで決着。

見飽きたね、これ。

というわけで、確かにこれはメインではできないわな、という試合でした。

ちなみに期待されていたアンブローズの援軍登場はナシ。

レッスルマニア通して、アンブローズの登場はありませんでした。

・・・それでも残ると思います。

単純に、今年のレッスルマニア、詰め込み過ぎで、いろいろできなかったというだけでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m