タッグ戦線に組み込まれちゃったよ(Smackdown 2019/3/12 ナカムラキャッチアップ)

(「豪華すぎだろ」出典:WWE)

こんばんはヤマガタです。

アスカのSmackdownの話のつづきです(アスカの話はあれで終りですが)。

(以下、画像出典はWWEです。)


・AJはオートンと1対1。


無言で立ち去るオートン
(実はうれしい)

1年で差がついてしまいましたね・・・AJスタイルズとナカムラシンスケ(去年の今頃はこの記事をどうぞ)。

完全にタッグ戦線の泥沼に陥ってしまったナカムラシンスケ。

それを表すのが本記事トップ画像です(後述)。

かたやAJスタイルズは、FASTLANE、ちゃっかり解説席で存在感アピール。

今回Smackdownも、事前のストーリー展開まったくなしなのに、マイク1本でランディ―オートンとの試合をほぼ決定させてしまいました。

オートンもずっとパッとしないので、AJスタイルズに絡めるのは嬉しいはずです。

二人の抗争のアングルは、メジャーvs.インディーみたいですね。

これは(AJのいた)新日本もインディーだ、というWWEからの宣戦布告ではないでしょうか。


・ルセフとタッグ。


ここから見始めた人は、
「ナカムラ、アメリカでも
しっかり溶け込んでるじゃん」
とか思うのでしょうか。

で、かつてのAJのライバル、ナカムラシンスケは、完全に窓際族に入りました。

上掲画像のタッグ戦。

まず、ポイントの1つ目は、この試合はNXT組(アリスターブラック&リコシェ)ならびにハーディーズの見せ場であって、ナカムラサイドは味つけ役だ、ということです。

この抗争は前回組まれたものでした。

試合自体は、知っている人なら、全員実力者で、他団体なら全員メイン取れる人たちなんですけれども、でも・・・過剰・・・という感じでした。

試合は最後、トドメにニューデイが出て来て観客の人気をさらって行きました。

う~~ん。

AJはどうやらWWE残るみたいですけれども、ナカムラシンスケ、このままでいいんですかね。

確かに、おカネの観点からすれば、いまのポジションでも、新日本より稼げる、とかいろいろあるんでしょう。

ナカムラシンスケも、奇跡のタナボタを信じて、もう1年がんばろうという腹積もりかも知れません。

もしかしたらAJが声かけてくれるかも知れない・・・みたいな。

ひっっじょーーーに難しい立場にあると思います。

ただ、失敗したら、新日本にも居場所ないかも。

すごいからね、新日本。

・・・そんな風に思いながら、リコシェにボコられるナカムラシンスケを、複雑な気分で見ていました。

あ、Twitterがんばったほうがいいよ、ナカムラさん。

私が言えるのは、それだけ。

これ読んでいるわけないが。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m