GSP(ジョルジュ・サンピエール)

(「このひと↑です」
出典:道場ハヤブサ
謙虚!力!)

こんばんは、ヤマガタです。

もう1回だけ、UFCやらせてください。

というのも、マクレガーポリエでやるみたいなんですよね。

参考:DANA WHITE: CONOR MCGREGOR-DUSTIN POIRIER UFC REMATCH IS SIGNED

日程と場所は未定みたいです。

ハビブも、放っておけば復活するでしょう。

ちなみに、ロンダラウジーは夫のトラヴィス・ブラウン(Travis Browne)と、WWE参戦がささやかれています。

参考:Rumor Roundup (Nov. 3, 2020): Rousey return, Sting/AEW, Paige Twitch, Zelina OnlyFans, more!

ラウジーのWWE復活は、ほぼ確実(←この言葉の意味もわからんな~・・・)でしょう。

ちなみに上掲参考のCagesideseatsによると、次のAEWのPPVフルギア(2020/11/7)では、スティングのサプライズがウワサされています。

WWEのオンラインショップからスティングのグッズが一掃された・・・など状況証拠は固まっているので、ほぼ確実でしょう。

・・・てか、こういうのって、先に情報リークさせているんでしょうね・・・


・Georges St-Pierre


GSPのスーパーマンパンチは利き手、
つまり右ストレート。

で、プロレスは放っておいて、総合の話しましょう。

とりあえず、今回、情報源として折りにつけ触れたくなる、ジョルジュ・サンピエール(Georges St-Pierre)さんを紹介しておきたいとおもいます。

プロレスで言えば、ロマンレインズが、スーパーマンパンチやってますよね。

あの元ネタのひとです(上掲画像)。

アリスターブラックの、バックスピン(ブラックマス)もそうですけれども・・・

実践での技が、どのようにプロレスナイズ(ひとによっては劣化、私の理解ではアート化)されるか、かんがえてみるのも一興だと思います。

ジョルジュ・サンピエール(Georges St-Pierre)さん・・・UFCのウェルター級とミドル級を制しています(元チャンピオン)。

身長180cmだからね・・・

いかに総合の世界はスケールが大きいか、わかります。

頭文字をとって、ジョルジュ・サンピエール(Georges St-Pierre)さんは、GSPと呼ばれます。

クルマのGPS(Global Positioning System)と間違える、ってのは、みんな通る道です。(←テキトーだな)

ちなみに、去年2019年に引退。現在39歳。

・・・まあ、妥当ですわな。

参考:Wikipedia


・スーパーマンパンチ


こんな感じ。
右のスーパーマンパンチだったら・・・
① まず右前蹴り
② 前蹴りしないでキックバック
③ と同時に右ストレート

で、スーパーマンパンチ・・・UFCファンのひとなら1回真似てみたことあるとおもいますが(よね?)

やり方は上掲画像みたいになります。

へんな格好ですよね。

でも実際、それがスーパーマンパンチの特徴をよく表していて・・・

スーパーマンパンチってのは、前蹴りのフェイク技です。

なので・・・

前蹴り → 前蹴り → スーパーマンパンチ

・・・が正しい使い方みたいです。

ただ、前回のシウバさんでも書きましたが・・・

前蹴り自体が実践では怖くて出せない(グキッてなりそう)・・・

なので、スーパーマンパンチ自体、お呼びでない・・・という反論も出そうです。

私は初め、スーパーマンパンチは(右利きで)左ジャブでやるものとおもってました。

空手で言う左の追いつきの短縮形ですね。

いまでも、実践(ないんですが)で使うとしたら、スーパーマンパンチ、左ジャブでやるとおもいます。

右ストレートでスーパーマンパンチは、カウンターしてくれって言ってるみたいなもんなので、怖くてできないよ・・・

なのでレインズ君にやらせておきましょう。

走って行って、優しく相手の顔にタッチです。

レスナーとか、すんごい吹っ飛び方するので、あれはあれで様式美っぽくて好きです。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m