ハビブ vs. ゲイジー とその引退(2020/10/UFC 254)

(出典:UFC)

こんにちは、ヤマガタです。

コロナ禍で、ど~しても盛り上がらないんですけれども(こんな感じ)・・・

UFC254が、アラブ首長国連邦アブダビ・ヤス島のファイトアイランド内フラッシュ・フォーラムで開催されました。

観客は入っていたの?

シ~ンとしていましたが・・・


・王座統一戦


トップ画像をみてもらえばわかるとおり、ふたりともベルトもってますよね。

① ハビブが本当の王者。ただマクレガー戦でケンカして出場停止くらっていた(この記事)。

② 暫定王者にポリエがなる(この記事)。

③ 復活したハビブに負けたポリエが王座を返す=統一(2019/9/7 UFC 242)

③ コロナでハビブがロシアから出られなくなり、また暫定王者つくる。ゲージ(ゲイジー)がファーガソンを破って空位のライト級王者になった(この記事)。

こ、れ、で時系列あった?

・・・というわけで暫定王者大好きなUFCの王座統一戦です。


・ハビブが勝ちました


勝って泣くハビブ。

試合は、開始直後は、そうでもない・・・という感じだったんですが・・・

もう1ラウンド中盤から、ゲージ(ゲイジー)勝てるわけないじゃん、みたいな展開になってきました。

逃げるゲージ(ゲイジー)をハビブが追い詰める・・・という実力差がくっきり出ていた試合。

2Rになると、ついに寝技でハビブがゲージ(ゲイジー)を捕まえます。

最後は、三角締めでハビブの勝利。

圧勝でした。

惜しむらくは、観客にもっとワーワー言ってほしかった。

で、気になるのは上掲画像のハビブが泣いているシーンです。

これはですね・・・・

① ハビブは今年2020年7月3日に父親をコロナで失っていた(死去)。

② 父親のアブドゥルマナプヌルマゴメドフ(Abdulmanap Nurmagomedov)はハビブのトレーナーでもあった。

③ 母親との話し合いの末、引退を決意した。

詳細は・・・

日本語:「母と約束した」 UFCヌルマゴメドフが電撃引退、父の死で決意

英語:KHABIB NURMAGOMEDOV RETIRES AFTER RETAINING 155-POUND TITLE AT UFC 254

・・・です。

突然だったかな?

たしか昨日あたりのWrestlingObserverでチラッとみかけたのが最初だったとおもう。

いずれにせよ、上掲画像でハビブが泣いているのは、父親を失った悲しみ、と言うべきでしょう。

無敗での引退です。

32歳。

今回の試合前、左足の中指を骨折していたんだって。

参考:Wikipedia←お父さんの画像もあり

・・・まあ、一生分のおカネも稼いだだろうし、あとは道場経営とか・・・あ~・・・プーチンに利用されなきゃいいけどね・・・

田舎で余生を高貴に過ごしてほしいです。

お疲れさまでした。

マクレガーと違うな~・・・

アイツ絶対、RIZINねらってるだろ・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m