ジェフコブ登場(2020/2/19 AEW Dynamite)

(「こりゃNXTに勝ち目なし」
出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

NXTはTakeOver: Portlandその後(FallOut)だったのですが、ザザッとカード見ましたけれども・・・

・・・ベルベッティーンドリームが出たくらいで、あとは食指が動かなかったかな・・・。

そろそろフルセイル大学を出なきゃいけない時だとおもいます、NXT。

たぶんWWEも収支あわせられる見積もりが出たら、スタッフ増員とかして、RAWやSmackDownみたいに、するのではないでしょうか。

ただ、そのためにはNXT UK系の人員は地味だから、イギリス帰ってもらったほうがいいでしょう。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ジェフコブ


ハワイ出身。
178cm
119kg
ようするに力士体型。

こんなこと(フルセイル大学でろ)言うのは、もうAEWの方が、画面パッとみて華やかさがあるんですね。

今回なんか、State Farm Arena(ジョージア州アトランタ市)という20,000くらいのキャパでやっていて・・・

・・・実際は5,000人くらいの入りだとおもうんですけれども、でも、ぜんぜん雰囲気がちがうんですよ(トップ画像)。

フルセイル大学の地味な閉塞感だと、もう太刀打ちできないとおもいます。

で、今回、ジェフコブ(Jeff Cobb)の初試合がありました。

相手はジョンモクスリー。

もうモクスリーでたら、完全に面白いです。

ジェフコブ、ROH経由で、日本でも新日本プロレスでの試合みたことあるとおもいます。

フリーランサーらしいです(Wikipedia参照)。

なので、今回AEWに出たからといって、ROHと切れたわけではありません。

なんかね・・・ROHが、かなりAEWと友達になりたがっているニオイがプンプンします。

いいじゃん、もう子会社化ってか、吸収合併されちゃえよ。

そしたら、マジでWWE潰しにかかれるでしょうね。

なんか・・・いつでも解体しそうな連立内閣にみえますが・・・。


・モクスリーが勝った。


コーナーポストからの
流(なだ)れ式
ブレーンバスターを
モクスリーが喰らった後、
丸め込みで3カウント!!
肉を切らせて骨を断つ戦法(仮)!!!

試合は、もう、私なんかが評価しなくても、面白い試合でした。

アングル的には、レボリューションPPV(ペイパービュー)興行前なので・・・

・・・そこでジェリコに挑戦するモクスリーが、やはり勝ちました(上掲画像)。

モクスリーは新日本のUS王座、まだやらなきゃだから、今回の挑戦でジェリコに勝つことは、まず、ないでしょう。

新王者候補としてはケニーオメガなんかもいますが・・・

・・・オメガは、ほんとうに譲るタイプで、いまハングマンペイジの世話してます(ふたりでタッグ王者やっている)。

オメガは、ほんとう、裏方まわりまくりですね。

AEW立ち上げでの注目度からみると、こんな展開、だれも予想できなかったでしょう・・・。

たぶん、飯伏幸太が、2021年にAEW移籍するんじゃないかなあ・・・(この記事参照)。

そこからオメガとのツートップで引っ張る。

それが、AEWの第二世代みたいになるんじゃないでしょうか。

ジェリコはそのころになったら、カラダ絞って、コンサートとかやってるでしょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m