ASUKAが王座保持(2020/6/22 RAW)

(「いい試合だった」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ベッキーリンチからの棚ボタでRAW王者になったASUKAですが・・・

ナイアジャックスに連勝のあと、今回シャーロットの挑戦を退けました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ベストバウトだとおもう


こんな感じで、
ナイアジャックス、
シャーロット、
ASUKAの三つ巴がつづいてます。

結果論ですが、新RAW王者になったASUKAの活躍は目覚ましいものがあります。

シャーロットとナイアジャックスと三つ巴というのは、WWEの女子部門全権委任されたようなもんです。

相当、上層部から信頼厚いんでしょうね。

で、試合ですが、いままでみたASUKAの試合のなかで一番よかったかもしれません。

なにが、よかった、といわれても名状しがたいんですが・・・

✔ シャーロットとの戦い方が円熟期に入った感じ。おたがい見せ方をわかっている。たとえば、シャーロットのスピアに対するASUKAの受け方が、すばらしい。

✔ ASUKAは、身長の低さをグラウンドに持ち込むことで隠せる、とおそらく気づいている。・・・あと、体形をTシャツを着ることによって(以下自粛)

✔ ASUKAは、女子にはない蹴り技を持っているので、それだけで、ちがった味を出せる。これは結構すごい。

・・・という感じです。

試合時間は、10分もいかない短いものでしたが、個人的には、起承転結ついていて十分な内容でした。

素晴らしかったです。

あんまり素晴らしかったので、WrestlingObserverなんて言っているかな、とおもったのですが、やっぱり肯定的に評価していました↓

いい試合だった。

タイトルマッチにしては短すぎたが、ここまでのナイアジャックス、シャーロット、ASUKAのストーリーラインを清算するには、十分な内容だった。

これがRAWの新しいベンチマークになるかも。

Good match. It was surprisingly short, especially for a big pay off (like the previous match) but I’m guessing that’ll be the new normal on Raw.

ちなみにWrestlingObserverは、新日本プロレスには肯定的だけど、WWEに渡った日本選手には、冷たいんだよね。


・ASUKAが勝った


ASUKAロックで、
シャーロットからタップアウト!!

・・・というわけで、ASUKAが勝ちました(上掲画像)。

シャーロットから、初勝利ですかね・・・(無効試合とか除けば)。

とにかく、いい試合でした。

WWEでASUKAなにやっているの?というひとには、この1試合をおススメしたいです。

相手のシャーロットって、すごいレスラーなんだよ~みたいな感じでススメたいです。

・・・というわけで、日増しに存在感を増すASUKA選手でした。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m