Mark Carranoのクビ

(「上掲ビデオから
どんなひとか、わかります」
出典:WWE)

こん日は、ヤマガタです。

8時間前くらいに、決着のついた問題のようですが、Mark CarranoというWWEの Senior Director of Talent Relations(レスラーの対応部署長みたいなかんじ)というボジションのひとが、クビになったみたいです。

参考1:Report: WWE has fired Mark Carrano

参考2:WWE fires staff member who sent Mickie James a trash bag in the mail (Updated)

スッパ抜いたのは、WrestlingInc.のようですね。

それから、バイラル、バイラル・・・


・ミッキージェームズ


ひもがついているのが
アメリカ式。

事の発端は、大量解雇の被害者のひとり、ミッキージェームズのツイートからでした。

ロッカールームなどにあった私物が、ごみ袋に入って、自宅に郵送されてきた、とのこと。

これはないだろう、ということで、怒りのツイート。

一応、翻訳しますね。

ビンス♥

気づいてないかも知れないけど、

丁寧に包まれた荷物を受け取りました♥

感謝しま~す♥

#女子レスラーの問題

ハッシュタグですわな・・・


・上層部が謝罪してクビ


WWEの都合で解雇されたタレントが、
つい最近、屈辱的な仕打ちを受けたことを知りました。
早急に対処し(過去形)
該当人物を解雇しました。

・・・で、この解雇された該当人物が、Mark Carranoだったみたいです。

どういう人物かはトップ画像の動画で確認するしかないんですが・・・

・・・パッとみは、ふつうのエグゼクティブ(管理職)ですね。

でも、このゴミ袋パッケージは、たくさんのリリースレスラーにやっていたみたいで、運悪く、ミッキーさまにみつかったようです。

Mark Carrano「勘弁してくれよ・・・3日寝てないんだぜ・・・」

というMark Carranoの声も聞こえて来そうですが、こういうのって結果責任なんですよね・・・。

どこの会社に居ても頭の痛い話です。

ただ、彼の解雇は予定調和だった、という見方もあります。

つい最近、 Senior Director of Talent Relationsのポジションは、他のひとに渡されたみたい。

Mark Carrano自身の立場は、すでにWWEになかった。

彼も大量解雇要員だった・・・といえます。

WWEに格好の口実をあたえてしまったわけですね。

あるいは、Mark Carrano自身、それを知ってて、腐って仕事にいい加減になっていた、なんて見方もできます。

いずれにせよ、災難でした。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m