【続々】ハロルドメイの辞任:勇退ではない

前回の記事はこちら

前々回の記事はこちら

こんばんは、ヤマガタです。

ハロルドメイの辞任の真相が徐々に明らかになってきました。


・Fightful Select


まず、新日本の選手に直接インタビューしたのがFightful Selectでした。

参考:NJPW Wrestlers Were Reportedly Skeptical about Harold Meij’s Plans For The Promotion

参考:Backstage News On How NJPW Stars Are Reacting To Harold Meij Resignation

匿名で新日本のレスラーふたり(ベテラン)にインタビューした、というものです。

意訳すると(元は日本語なんでしょうが・・・)、こうなります。

レスラー1:メイ社長のワンマンについていけなくなった。収支計画ばかり、打ち上げ花火みたいなこと言って、オレらレスラーと、なんらコミュニケーションを取ってくれなかった。

One longtime star said that they never completely “bought in” with Meij’s plan and they hoped he would be more proactive in cultivating relationships.

もうひとりのレスラー・・・

レスラー2:収支計画が無茶すぎ。コロナで、もう無理になったし、それ以前にも到底、達成できるようにはおもえなかった。

Another star believed Meij needed more time to accomplish the goals he had promised, especially after the COVID-19 pandemic set the company back. However, that same star also didn’t see the original plan unfolding.

ようするに不満があった、ということですね。


・メルツァーが口を開く


で、ようやく大御所のメルツァーが語ったようです。

参考:Backstage Update on Harold Meij Leaving NJPW

参考:Details On NJPW President Harold Meij Stepping Down, Reports That Losing Kenny Omega Hurt His Position

参考:More Details On NJPW President Harold Meij’s Resignation

ただ、内容は前回お伝えした、プロレスファンの雑談の域は超えていないですね。

ただImpactWrestlingの親会社が、アンテムエンターテイメントAnthem Entertainmentっていうのがわかったくらいです。

理由1:メイは、とにかくワンマン。新日本プロレスというより、自分に注目が集まるような行動をしていた。収支計画も、1年2億の利益をあげる、という無謀なものだった。

ようするに経営手腕を示すことに躍起になっていた・・・ということですね。

あの穏健な外見から想像がつかないような利己的な側面があった。

まあ、日本と外人のビジネス感覚の違い、と言ったらそこまでなのでしょうが・・・

理由2:やはりAXSとのテレビ契約を失ったのは大きい。そしてそれはメイの責任。

これは前回、述べました。

理由3:オメガやヤングバックスを失った。これはメイのせい。

これも前回、述べました。

はっきり言って、ヤングバックスはいらないんですけど、外国への発信力として、アメリカ人が重視していたようです。

ただ、それは間違いかな。オメガだけだよ、引き留める必要があったのは・・・

ヤングバックスの穴は、ウィルオスプレイやザックセイバーJr.やジェイホワイトで充分、埋められる。

で、メイが居なくなったことで、新日本プロレスとAEWとの協業関係が加速する・・・と予想されていましたが、どうかなあ・・・

ROH居るからね。

で、ROH-CMLL vs. AEW-AAAというメキシコ関係あるじゃないですか(メキシコの話はこの記事参照)。

だから話は、そんなにうまく行かないとおもいます。

個人的にはロス道場、気になる。あれ、赤字の原因じゃない?

あれなくして、ボロっちい新日本道場、WWEのパフォーマンスセンターみたいにデカくすりゃいいのに・・・

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m