G1クラマックス2日目Bブロック開始。

(「やっぱり客席から入場する
ジョンモクスリー」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

アメリカ開催ですこしコケたG1クライマックス、今度は主戦場の日本に戦いの場を移して、Bブロック開始です。

ちなみに、大田区総合体育館で、アメリカ大会開催時と比べても遜色ない、4,074人が集まったみたいです(新日本プロレス発表)。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・Bブロック1日目の結果。


先に結果です。

① 石井智宏がジェフコブに勝利。

② ジョンモクスリーがタイチに勝利。

③ 矢野通が内藤哲也に勝利。

④ ジュースロビンソンが鷹木信悟に勝利。

⑤ 後藤洋央紀がジェイホワイトに勝利。

みんな勝ち点2です。

9試合するから満点18点(この記事参照)。

最近のブロック通過は、14点から12点くらいだから、2敗までは許されていると言えるでしょう。


・ジョンモクスリーvs.タイチ。


本記事トップ画像が、タイチ戦に登場したジョンモクスリー。

インディーに引っ張りだこで、相当過密スケジュールこなしているみたいですね。

あ、でも他の選手も、他団体でなくても、G1本戦前座に駆り出されるからみんな同じか。

で、タイチ戦ですが、場外から入場してきたモクスリーに、タイチがつっかかって開始。

タイチがモクスリーにテーブル叩きつけられるなど、派手な演出もありました。

最後は、なんかスープレックスみたいになってきたデスライダ―で、ジョンモクスリーがタイチに勝利。

Bブロックは完全にジョンモクスリーのブロックだね。

なんかこれだとモクスリー1位通過しそう。

対抗馬が見当たらない。

Aブロックが充実し過ぎなんだよね。


・矢野通の存在価値はわかったが・・・


こんな感じで負けた
内藤くん。

意外というか、あっさり負けたのが内藤哲也でした。

矢野通と噛み合うのですけれども、試合となると矢野通、見せるものがないので・・・

・・・短期決戦で丸め込みで、矢野通が勝ちました(上掲画像)。

なんかシャツまくりあげて見えなくして、金的とかして・・・というお笑い系の試合でした。

・・・でもG1に求められているのは、この試合ではないとはおもう。

セグメントとして必要なレスラーかもしれないけれども、やっぱり矢野通は、おかしいよ。

YOSHI-HASHIは、なんで落選したの?

ちなみにこの試合、WrestlingObserverはなんて言っているかな?

Bブロック開幕戦ということで、それなりの波乱はあった。

矢野通が内藤哲也を下したのがそれ(波乱)だとおもうひとは、手をあげて・・・。

The show was well-paced — and it featured a couple of customary opening night upsets. Raise your hand if you had Toru Yano defeating Tetsuya Naito in your picks.

NJPW G1 CLIMAX 29 NIGHT TWO RESULTS

・・・んまあ、こんな感じでしょうね。

いまさら気づいたのですが、ブロック分けのため、KENTAがあれだけのぞんだジョンモクスリーとの試合は、ちょっと実現しそうにないですね。

たぶん、US王座戦として組まれるんじゃないかな。

たぶんそれが、新日本によるKENTAの最終査定試合になるのでは?

・・・・・

さて、明日はAEWのFight for the Fallenですね。

やっぱり次第にAEWに対する評価が定まって来ているのが気になります。

マイナス評価も出始めており、やっぱりWWEがいいという見直しムードもあるので、この週末、すぐ次の日のExtremeRulesと比べて、要チェックですね。

それでは、今回はここまでです。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m