ASUKA vs. ミッキージェームズ(2020/9/14 RAW)

(「ミッキージェーム”ズ”なの?
ミッキージェーム”ス”なの?」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

ナカムラ&セザーロがチャンピオン対決をしたのと同じ回のRAWです。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ASUKA vs. ミッキージェームズ


私タップアウトした?
となるミッキージェームズ。

ASUKAは、先週のタッグからの流れで、ミッキージェームズと対戦しました。

試合自体はクオリティーが高く、ここら辺の165cm未満の女子選手(それ以下となるとスクスク育つ外人にはみつけにくい)とASUKAを対戦させるのが”最適解”だとおもいます。

試合に入れば、あとはASUKAが相手のよさを引きだしてくれます。

ベッキーリンチとかに頼らずに、ここら辺、開拓してほしいですね・・・

で、試合ですが、たぶんアングルだとおもうのですが、疑惑の判定でおわっています(上掲画像)。

いつものようにASUKAロックで仕留めにかかるのですが、それをミッキージェームズがローリングして丸め込みをします。

しかしその際、レフェリーが、ミッキーがタップアウトしたものと思い込み、ASUKAの勝ちを宣言してしまいます。

アナウンサー(マイケルコール)も台本にあるような反応をしていましたので・・・

たぶん、これからのストーリーラインに含まれるとおもいます。


・ゼリーナベガ


セクシー番長。

ゼリーナベガ(Zelina Vega)と言えば、アンドラーデのマネージャー(実は通訳)をずっとしていたセクシー番長なのですが(この記事参照)・・・

ついにレスラーデビューしました。

ASUKAの試合後、出てきて、挑戦表明しました(上掲画像)。

まあ肉食系女子が好きなM男君には、たまらないキャラなのですが・・・

この辺で、ひとつ大きな変化になるみたいですね。

当然、各メディアの話題をさらっています。

参考:WrestlingObserver

どんな試合するんですかね・・・

まあラナレベルだとおもうんですが、とりあえず待ちましょう。

ちなみにラナは、MainEventで流血試合をして、格をあげた、という経緯があります(記事化していません)。

ゼリーナベガも、その位しないと、のし上がるのは大変でしょう。

なにせWWEですからね・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m