セザーロ&ナカムラ(2020/7/31 SmackDown)

(「タッグ王者です」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

あんまりパッとしないナカムラシンスケの話です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・絶好調のWWE


視聴者数が最低記録を更新し続けているWWEですが・・・(この記事

スモールイズビューティーフルを体現したかのような営業成績をあげ、今期、第二四半期(7月〜 9月)で過去最高益をあげたもよう。

参考:WWE 2020 Q2 FINANCIAL CALL AUDIO & NOTES: BIG OPERATING INCOME INCREASE

参考:WWE® Reports Strong Second Quarter 2020 Results Driven by Sustained Cost Savings

もちろん大量解雇もあったんですけど・・・

たぶん通常興行で、しょっちゅうウワサになっているガラガラ・・・(この記事とか)・・・

ほんとうだったみたいですね。

つまり、パフォーマンスセンター&TV放送収益の組み合わせでやったほうが、ビジネスモデルとしては遙かに優れていた、ってことです。

なんか、あれですね・・・DDTの高木三四郎さんとか、こういうゼニ勘定、得意なんですよね。

このドサクサで、205Liveやめるべきだと、おもいますけどね。

NXT UKも、いらんだろう。


・ルチャハウスパーティと抗争へ


向かって左から、
グランメタリック、
リンセドラド。

さて、ナカムラシンスケですが・・・

ExtremeRulesでSDタッグ王座をセザーロと奪取してからのつづきです。

バックステージで、ふたりでお祝いをしていると(しているなよ)・・・

ルチャハウスパーティのふたりが来ます。

ルチャハウスパーティ、おぼえてますか?

かつてのヒデオイタミのライバルですよ(この記事とか)。

そのルチャハウスパーティが、やって来て、お祝いに、オレたちも混ぜてくれ、みたいに言います。

でも、セザーロとナカムラシンスケが、これは王者のお祝いだから・・・とからかうと、リンセドラドが怒ります。

じつは、今回グランメタリックが、AJスタイルズのインターコンチネンタル王座に挑戦して、敗れるんですが・・・

・・・そのこともバカにされ、両者の間で確執発生、となりました。

というわけで、来週あたり防衛戦でしょうね・・・

・・・どこに向かっているのやら・・・

というか、トザワとKUSHIDAは、なにやっているか、ぜんぜんわかりません。

KUSHIDAあたり、そろそろキャラ変えしないと、飽きられているとおもいます。

トザワは、スキマ産業で生きていくような気がする。

ShortyGでも、ドレイクマーベリックでも、トザワと噛み合いそうなキャラいっぱいいるんで・・・

トザワは、そもそもデカい活躍しようなんてかんがえてないでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m