高橋裕二郎(2020/7/25 SENGOKU LORD in NAGOYA)

(「10年ほど低迷」
出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

結局、内藤哲也が現在盛り上がっているのは、イービルとの確執ですが・・・

内藤哲也とNO LIMITを組んでいた・・・もっと深いアングルを宿しているのが高橋裕二郎です。

たま~に、内藤がポツリと高橋愛をもらすこともあったりして(東スポさんとの取材とかで・・・場所忘れました)・・・

ファンのなかには、内藤 vs. 高橋裕二郎のほうがグッとくるひとも少なくないとおもいます。

私が、そういうタイプです。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・対オカダカズチカ


オカダカズチカが最近こだわっている
変形コブラクラッチで、負けた。

NewJapanCup決勝でオカダカズチカは、バレット倶楽部の介入で、イービルに負けました

一応、そのとき因縁がつけられたというのが、高橋裕二郎だったみたいです。

そういうわけで、今回(イービルの初防衛戦があった名古屋大会)、高橋裕二郎 vs. オカダカズチカのスペシャルシングルマッチが組まれました。

・・・そういうとき、私のような隠れ高橋裕二郎ファンは、オッ!とおもうわけですね。

そんなわけで、試合をみさせてもらったのですが・・・

・・・いや、とくになにもなく・・・

・・・負けていました・・・(上掲画像)


・どうすりゃいいんすかね。


負けて無言で帰る
高橋裕二郎・・・。

新日本上層部としては、今回のシングルマッチで、なにか手ごたえがあったら、高橋裕二郎の出世とかも、もちろん、かんがえていたでしょう。

・・・ただ、バレット倶楽部のときからの悪いクセがついていて・・・

高橋裕二郎、住み分けちゃうんですよね・・・。

むかしみたいに暴走してマイクやって、タイムスケジュールめちゃくちゃにしてもよかったとおもうんですが・・・

きち~んと、仕事をして、大人しく帰ってしまいました。

そんなんだから、タイチにあべみほ持っていかれる・・・とおもったら、ちがうおねーちゃんだったんですね。

高橋裕二郎は、ピーターさん。

あのピーターじゃなくて、ピーターさんです。

参考:ピーターさんYouTube(←マイナーな盛り上がり)

参考:あべみほ1st写真集「をとめのすがた」

あべみほは、余裕でヌード写真集↑とか出しているみたい。

・・・まあ、生き残りは誰しも大変、ということでしょう。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m