ジョンモクスリー頼りが鮮明に(2020/7/15 FightForTheFallen)

(出典:AEW)

こんばんは、ヤマガタです。

突如失速をはじめたAEWですが・・・

・・・今週、劇的な復活を遂げ、WednesdayNightWarsで、NXTを大幅に打ち負かしました。

2020/7/15(視聴者数)

NXT  63万人  vs.     AEW   79万人

NXTは紫雷イオの王座防衛戦でしたね。

(以下、画像出典はAEWです。)


・ジョンモクスリー


衰えていたキューピーちゃん度が
ふたたび上昇する。

AEWの復活は、べつに今回PPVクラス(TV放送だったんですが)のFightForTheFallenだったから・・・

・・・というわけではないでしょう。

奥さん(レニーヤング)のコロナ感染で、AEW出場を控えていたジョンモクスリー(上掲画像)が、もどってきたからです。

で、今回AEW王座を、ブライアンケージ相手に防衛しました。


・モクスリーが勝った


サブミッションで、
ブライアンケージのセコンドの
タズがタオルを投げ入れ、
結果的にブライアンケージのギブアップ負け。

試合は、もうレベル的には、WWEとおなじかそれ以上のものでした。

最後はブライアンケージのセコンド、タズ(Taz)のタオル投入で、モクスリーが勝ちました(上掲画像)。

タズさん、知らないひとは、Wikipedia(日本語)でどうぞ。

私が気になるのは、このモクスリー効果ですね。

こうくっきり出ると、WWEとしては、AEWの心臓がモクスリーだと、もう見抜いているでしょう。

AEW出発前までは、ケニーオメガかとおもわれましたが、それは本当に日本人視線で、フタを開ければ、アメリカ人には、なんだ?このスキニー(=ガリガリ)野郎は?となったわけです。

じゃあ、WWEはモクスリー引き抜きに動き出しているか・・・といえば、当然そうなんでしょうが、たぶん、今回の試合なんかみると、モクスリーはWWEにもどらないとおもいます。

アンチWWEで表現しようとしていることが、よーく、みてとれるからです。

そのひとつが、今回のタオル投入みたいなプロレスなんでしょう。

現代版UWFみたいなのと、あとどインディーみたいなのをやりたいんだとおもいます。

とにかくスクリプトのあるドラマ系プロレスは、まっぴらごめんだ、というのがジョンモクスリーのいまの考えなんでしょう。

そうすると、AEWは、新日本プロレスにモクスリーが流出しないようにする・・・というのがいま注意しているところなんでしょうね。

というわけで、ジョンモクスリーが、すんごくキーパーソンになってきました。

そんな感じです。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m