内藤哲也 vs. ザックセイバ-Jr.(2020/9/24 G1 climax)

(画像出典:NJPW)

こんばんは、ヤマガタです。

G1 climax 四日目です。

舞台を北海道立総合体育センター(キャパ8,000人)に移して、Bブロック好カード、内藤哲也 vs. ザックセイバ-Jr.が行われました。

四日目の入りは、1,920人だったみたいです。

(以下、画像出典はNJPWです。)


・どんな試合だった?


合気道の師範みたいになってきた
ザックセイバ-Jr.

対ザックセイバ-Jr.と言うと、内藤哲也はカラキシ駄目・・・という印象があります。

ザックセイバ-Jr.のアリ地獄に引き込まれて(厳密には、それを見せるため)、内藤哲也が、なにもできずに負ける・・・という印象です。

たとえばこの試合とかですね。

TAKAみちのくは、なにやってんの?

・・・で、試合ですが、基本的に、ザックセイバ-Jr.ショーでした。

合気道の師範みたいに、内藤がなにやってもひっくり返されます(上掲画像)。

ただ、グラウンドのアリ地獄をザックが止めた、というのは前回お伝えしました。

そこからザックセイバ-Jr.の試合にテンポが出てきて・・・

サブミッションだけど、スピーディーな、つまり総合格闘技みたいに、マウントやらなんやらでコーナーで膠着状態・・・みたいなのがなくなり・・・

ようするにプロレスナイズされたサブミッションが見られて、とても面白かったです。

ザックセイバ-Jr.は、新しい境地切り拓いたな~・・・


・でも内藤が勝った


デスティーノ
→フォール。

そうなると、内藤がどう勝つか・・・というのが、ふたりの試合の難しいところなんですが・・・

たとえばザックセイバ-Jr.がパワーボムに行こうとしたところ、切り返しでデスティーノ・・・とか、そんな感じで、徐々に内藤優勢になってゆきます。

試合は30分時間切れスレスレのところで、内藤哲也がデスティーノを決め、勝利しました(上掲画像)。

逆転勝ちと言ってよいでしょうね。

これでBブロックは、内藤哲也が首位になりました。

ほかに同首位は・・・矢野通とジュースロビンソン・・・(勝ち点4)。

・・・・

なんか、ジュースロビンソンは、キャラ替えしたみたいなんで、機会があったら見てみたいとおもいます。

棚橋弘至は二連敗みたいです。

SANADAも二連敗。

内藤 vs. イービルやっちゃったからね(神宮大会)。

どこが見どころになるか、注目(?)です。

Bブロックは内藤勝利で、絶対王者のキャラを確立させた方がよいとおもいます。

で、決勝でAブロック勝者との因縁作りでよいとは、おもいます。

そうでなかったら、ザックに獲らせたい。

そんな風に思っています。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m