紫雷イオvs.テイガンノックス(2020/7/15 NXT)

(「イオさんは笑顔」
出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

テイガンノックス(Tegan Nox)というと、ダコタカイに裏切られた、そしてダコタカイのヒールターンのきっかけになった女子選手(2019/11/23 TakeOver)・・・

・・・くらいしか印象ないのですが、最近、いわゆるNo.1コンテンダーマッチ(紫雷イオの王座挑戦権をかけた試合)で、たぶん4WAYだったとおもうのですが、勝ち抜き・・

・・・今回、王座戦のチャンスをつかみました。

(以下、画像出典はWWEです。)


・女子デビジョン成功?


大躍進だ!
みたいなトリプルHのコメント。

・・・で、そのテイガンノックスvs.紫雷イオの王座戦が、今回のNXTのメインイベントでした。

私は女子メインイベントには、もう飽きているし、アメリカ人も(プロレスを国技の相撲みたいにおもっているので)、女子プロレスには喰いついていない、とおもうのですが・・・

・・・WWE首脳陣は”手応え”を感じているみたいで・・・・

トリプルHは、上掲ツイートをしています。

参考:DAILY UPDATE: ASUKA & KAIRI SANE, AEW NOTES, JORGE MASVIDAL

WrestlingObserverのこの記事↑は、昨日のASUKAvs.カイリセインも取りあげています。


・どんな試合だった?


テイガンノックスでは、
ムリかな・・・。

で、試合ですが、やはり女子選手は、どうしても女っぽい動きをしてしまうので、そこが欠点です。

逆にいえば、紫雷イオは、まったくそれがないのが、すごいところだし長所です。

あ、ちなみに、イオさんYouTubeはじめてたんですね↓

Io Shirai 紫雷イオ、【Archives】

最初みたとき、紫雷イオファンのサブ稼ぎチャンネルかとおもいました。

・・・たぶん、訪問すれば、みなさんも判断しかねるとおもいます。

そんなこんなで、テイガンノックスについては、とくになにもいうことないです。

最後は紫雷イオが、ムーンサルト→フォールで手堅く王座防衛しました。

どこまで王座保持記録のばすのか、見ものですね。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m