ブロックレスナーに不穏な動き(2022/7/22 SmackDown)

結局ギリギリで現れて
事なきを得た。
(出典:WWE)

こんにちは、ヤマガタです。

他にも興味深い話はありますが、現在一番の注目はビンスマクマホンなき後のWWEですね。

参考:ビンスマクマホンが引退する。

(以下、画像出典はWWEです。)


・彼が辞めるならオレも辞める


この日(2022/7/22)のWWEのメインは、
ベビー(マッドキャップモス&ストリートプロフィッツ)
vs.
ヒール(セオリー&ジ・ウーソーズ)
の6-manタッグマッチだった。
結果はセオリーがブリーフケース(MITBで獲得したもの)
でマッドキャップモスに反則攻撃してDQ負け。
その直後にブロックレスナーが入場してきた。

ビンスマクマホン引退の影響が即座に出たのがブロックレスナーの動向でした。

この日のSmackDownに、ブロックレスナーはSummerSlamの宣伝として招待されていたのですが・・・・

ビンス引退の一報を聞くにつけ「彼が辞めるならオレも辞める(If he’s gone, I’m gone)」と言い残して会場を去ってしまったみたいなんです。

これが大きなニュースとなりました↓

参考:WrestlingObserverブライアンアルベルツのツイート

参考:Brock Lesnar walks out of WWE SmackDown following Vince McMahon retirement

参考:Brock Lesnar on Vince McMahon: “If he’s gone, I’m gone”

参考:Precautions Were Put In Place In Case Brock Lesnar Didn’t Return To WWE SmackDown

WWE内部では、焦って、別の台本を書き直した、とのこと。

結局、ブロックレスナーは戻って来て”仕事”をしました。

ウワサによると、最悪の場合、次のSummerSlamがブロックレスナーの最後の仕事になるかもしれない、とのこと。

中心選手不在のWWEにとって、これは大きな痛手となるでしょう。

とりあえず、来年(2023年)のWrestleManiaは、ロマンレインズ vs. ザ・ロックで、盛り上げることはできるでしょう。

しかし、それは一過性のものなので、継続的にファンの注目を集めるタレント、ようするにロマンレインズの引き立て役がWWEには現在欠けています。

どうなるのでしょうか。

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m