ミックストタッグマッチ(2020/6/29 RAW)

(「Mixedのedはト発音なんだって」
出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

MixedTag(ミックストタッグ)つまり男女混合戦をWWEがやり始めたのは、おととし2018年あたりの話です。

今回(2020年)7月19日開催のExtreme Rules: The Horror Show(このホラーショウってのところが不明ですが)に向け・・・

・・・アングルづくりのために、ドリューマッキンタイア&ASUKAのミックストタッグが組まれました。

相手は、ドルフジグラー&サシャバンクス。

それぞれ・・・

ASUKA vs. サシャバンクス  RAW女子王座戦

ドリューマッキンタイア vs. ドルフジグラー  WWE王座戦

・・・として、すでにExtreme Rules: The Horror Showで試合が組まれています。

(以下、画像出典はWWEです。)


・サシャバンクス、フル回転?


こっちは7月1日。
日本時間で明日です。

気づかなかったのですけれども、サシャバンクスが、ASUKAの王座挑戦するし(ExtremeRules)、紫雷イオの王座にも挑戦するし(The Great American Bash)・・・

・・・というわけで、すこし前のシャーロットみたいな役目を果たすようになっています。

The Great American Bashなんて、明日の話です。

ちなみにサシャバンクスは、ベイリー(現在SmackDownでシングル、タッグ2冠)といつも一緒です。


・どんな試合だった?


最後はサシャバンクスが
ASUKAを丸め込んで勝った。

日本ではあんまり話題になっていませんが、先日もお伝えしたとおり、現在アメリカプロレス界では#SpeakOutムーブメントが吹き荒れており・・・

・・・WWEも、ミックストタッグをやることはやるんですが、男女の接触はナシ、という方向性で試合が組み立てられていました。

みればわかるとおもうんですが、ミックストタッグって、やっぱりエロいんですよね。

・・・というわけで、どちらかが相方にタッチしたら、相手も交代する、つまり、必ず同性同士が戦う、というかたちで試合は進められました。

とくにドリューマッキンタイアとASUKAが、どうした、みたいのはなかったですね。

試合は最後、サシャバンクスが、ASUKAの意表をついて丸め込みで勝利を奪いました(上掲画像)。

たぶん、ExtremeRulesにしても、TheGreatAmericanBashにしても、サシャバンクスがベルト奪う、ということはないとおもうんですけれども、一応要チェックでみてゆきたいとおもいます。

とりあえず、明日TheGreatAmericanBashですね。

AEWのFyter Festにぶつけているみたいですね。

な~んか盛り上がらないですけれども、追ってみます。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m