【続】ASUKAは2試合(2020/6/8 RAW)

(「マリファナやってるの?」
出典:WWE、以下同じ)

こんばんは、ヤマガタです。

昨日のつづきです。

ええと、Backlash前、ASUKAは2試合こなしました。


・70%がマリファナ使用


WWEロースター(RAWかSmackDown所属選手)
のうち、過去にマリファナやったひとは?
→情報屋:70%。

ASUKAの試合にゆくまえに・・・

WrestlingVotesというサイトはないみたいですが、なんかプロレスTシャツ販売専門の?ウェブショップが?あるみたいですね?(ここ

そのTwitterが、上掲画像のツイートをして物議を醸しています。

内容は、うえに↑翻訳した通りです。


・ASUKAの試合


ASUKAの痛がり方は
みょうに色っぽい。

で、ASUKAの二試合目です。

もはやヒールでもなんでもない感じのRAW女子王者ASUKAに、シャーロットが挑みました。

というかシャーロットは、いろいろ働きすぎです(直近の紫雷イオ戦はこちら)。

試合自体は、レッスルマニア34のアングルがあるので、因縁の対決!とハイプされます。

試合時間も、長かったですね。

20分くらいあったとおもう。

この日のメインイベントでした。


・ASUKAが負けた。


ビッグブーツ
→フォール。

試合は、解説席に陣取っていたサシャバンクス&ベイリーが、アイコニクスに襲撃される、など脇道に逸れる場面もありましたが・・・

・・・それはBacklashのタッグ戦の宣伝みたいです。

で、肝心の試合は、まあ、互角でした。

ASUKAも小さいんですけれども、やっぱり蹴りと、卍固め、寝技ありますからね。

ようするに紫雷イオが、ハイフライ系と、バク転みたいな身体能力でみせる選手だとすれば・・・

・・・ASUKAは、ほんとうに技術力マックスみたいな選手なので・・・

ようするにレスリングができるため、巨漢のシャーロットとやっても、ギリギリ身長差が気になりません。つまりアリ地獄化するってヤツですね。

で、そのアリ地獄で攻めていたんですけれども・・・

・・・最後ナイアジャックスが介入し、それに気をとられた瞬間に、シャーロットのビッグブーツがASUKAの顔をとらえ、フォール負けしました(上掲画像)。

ノンタイトルだったので王座の移動なし。

WrestlingObserverのメルツァーによると、Backlashのナイアジャックス vs. ASUKAの結果によらず・・・

・・・次のタイトル戦線の中心はシャーロットみたいです。

参考:Rumor Roundup (June 10, 2020): Orton vs. Ciampa, Velveteen Dream, Charlotte Flair plans, more!

Cagesideseatsだけどね↑

・・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m