世界から見た日本のプロレスの評価ーその6(終)。(ナカムラ選手評価動向)

(出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。ドイツ人によって立ち上げられた英語のプロレスコミュ二ティーサイトCagematchをダシにして、現在の日本人レスラーの世界における評価を見ています。

前回、紹介したカイリ選手でしたが、一晩(2018年3月22日→23日)にして、以下の変化が起こりました。

・順位がジャンプアップ:32位 → 4位!

・評価がジャンプアップ:9.38 → 9.63!

・なぜか投票数減少:121 → 106。

何が起こったんでしょうか。でも面白いからオッケーです。

そんなこんなで今回は、中邑真輔(Shinsuke Nakamura)選手の評価です。

(以下、画像出典はWWEです。)


・評価9.40。総合43位。


Lazy・・・?

ナカムラ選手に関し注目に値するのは投票数で、618と日本人選手では最多と成っています。(ナカムラ選手のレビューページは、Cagematchのここ。

でも、AJスタイルズなんかは1216も投票されています。(Cagematchのこのページ参照。)

評価も、9.40とまずまずですね。大体、9点台の選手は評価が高いと考えて良いでしょう。

ただ、シャレの分からない外人さんたちには、ナカムラ選手”だらーん(上掲画像)”などが不評のようで、「ブシドーに外れている!」というお怒りの言葉を目にします。早速、彼らのブシドーコメントを見てみましょう。


・好意的な評価。


ナカムラ選手を好意的に評価する外人さんでも、”だらーん”、”カモーン!”、”う″わう″わう″わ(タギるのこと)”は、お気に召さないようです。

ナカムラの評価は、7.0だ。
すんげえ行きあたりばったり(hit and miss)の試合するよね。
やる気ないとき本当に、かったるそうにやるし、怠け者。
やる気あるときは、もちろん言うまでもなく、素晴らしい。
”カモーン!”とかはWWEで定番と成って来たけど、やり過ぎ。
マイクできないのを穴埋めしていようにも見える。
ナカムラ知らないひとが見たら怒るよ。
新日本では完璧なレスラーだったのだが・・・。

MC 16 wrote on 14.03.2018:
[7.0] “Very hit and miss. His work can be very lethargic and lazy when unmotivated and he can ju[s]t have a match where he is going through the motions. But when he is highly motivated, he can be an excellent wrestler and can have outstanding matches. His mannerisms at times are wonderful to see but in WWE, he seems to over do it in a way to compensate for his lack of english which is a shame and gives off a bad impression on people and new fans who’ve not seen him before. In New Japan, he was highly charismatic and he could make you pop before even doing a move. Excellent wrestler, highly charismatic but has motivation problems and sometimes over does it.”

・・・ううむ、「怠けている(lazy)」ように見えるナカムラ選手の動きは、彼が苦心の末、編み出したムーヴなんですが・・・。

逆に、真面目にやり過ぎていた頃のナカムラ選手が詰まらなかった、というのを知っている私達(オレだけか?)の視点から言うと、このひとのコメントは、ちょっと誤解しているように見えてしまいます。


・好意的でない評価。


好意的な評価でさえこれなのですから、好意的でない評価とも成ると、ナカムラ選手の「怠け者(lazy)」っぷりが目に余るようです。

以下は、Cagematchのお膝元、ドイツのかたの意見です。(やはり、音楽担当のみゅじ子さんに訳してもらいました。というか、この連載始めた時に、まとめてお願いしていたんです。)

オレのナカムラの評価は、2.0だぜ。
試合、つまんねー。
つまんなくなかったとしても、紋切り型。
バタバタ動くバカなガキみたい。
自分の役目を果たせていない。
だが、ひょっとしたら・・・。
オレの言っていることを、ナカムラが分かっていればよいのだが。
ナカムラのプロモ?
0点だね。
でもそれは、彼のせいじゃないよーーーーーーーーーーーーーん。

alice wrote on 27.09.2017:
[2.0] “im Ring langweilig, stets das gleiche Muster wenn er nicht langweilig ist, wirkt er wie ein herumzappelndes, dummes Kind er kann nichts dafür, wie er eingesetzt wird, aber vllt. sollte er dies langsam einmal begreifen Promos:0 Punkte, aber das kann man ihm nicht unbedingt anlasten ——————————————————-“

ぜったい、コイツ(失礼)に会いたくない、と思ったのは私だけではないでしょう。

誤解してるって。ナカムラ選手は怠けて、あのムーヴをしているんじゃないってば。


・いろいろ言われているのは人気の証拠。


いろいろ言われていますが、バッシングなど受け始めたのは、注目を集めて来た良い兆候だと、私なんかは思っています。

ただ依然として、ナカムラ選手の世界観は、一部の「日本=ブシドー」連中には理解されていないようですね。

まあ、彼らにはプロテインでも飲ませてバーベル持ち上げさせておきましょう。

私は応援してますよ、ナカムラ選手!!

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。m(_ _)m

P.S.

トザワ選手に関しては、この回で扱ったことにします。ファンのかた居たらゴメンナサイ。m(_ _)mm(_ _)m