GoPro HERO6を買いました④:なぜドラレコじゃなかったのか。

(「DRV-830」
出典:KENWOOD YouTube)

こんばんは、伊田です。

あいかわらずGoPro HERO6を試行錯誤しながら使っています。

今回は、こういう迷い方するかたが、どのくらい居られるのか分かりませんが、なぜ、ドライブレコーダーではなくて、GoProにしたのか、ということについて、お話させていただきたいとおもいます。


・画質。


GoPro HERO6で撮った画像。
天候は、こちらのほうが暗い。

私事ですが、GoProの用途は車上動画と決めていたので、対抗馬はドライブレコーダーでした。

GoProなどアクションカメラと、ドライブレコーダーが、本質的に同じ機械であることは、いろいろなところで言われています。

一長一短はありますが、とにかく私が気にしたのは、画質。

とくに本記事トップ画像にあるKENWOOD ケンウッド WideQuad-HD ドライブレコーダー DRV-830 GPS搭載約368万画素 高画質をみたときの衝撃はかなりのもので・・・

・・・これにしよう!とおもったものでした。

しかし、いまふり返ってみると・・・

結局、GoProのHERO6(Black)で撮影した上掲画像でも、遜色なかったです。


・GoProは夜間が弱いというウワサ。


ドライブレコーダーとGoProをくらべたとき、GoProの欠点として、よくあげられるのは以下のものです(どのサイトにも載っています)。

① GoProは熱に弱い。

② GoProは夜間に弱い。

③ GoProは長時間撮影に向かない。

このうち、①と②は、もともと私がドラレコそのものに必要性を感じていなかったので(いわゆるモラルハザード※を引きおこすものだろう・・・くらいの認識)、無視しました。

(※保険に入っているから危険運転してもよい、警官がいるから危険人物は注意しなくてもよい・・・みたいな話です。社会保障による倫理崩壊、みたいなことをいいます。)

最後まで気になったのは、②の夜間画質ですが、これはProtune設定の問題だと思い、現在、試行錯誤中です。

たぶん解決できるとおもいます。

こういうのをめんどくさがる人は、やっぱりドラレコなんでしょうね・・・。


・下の日付がイヤ。


今度は、私がドラレコ止めた理由を、ふたつ、挙げたいとおもいます。

まず、もう一度、本記事トップ画像のKENWOOD DRV-830をみてもらいたいとおもいます。

よくみると、一番下に日付が出ていますよね。

ドラレコとしての機能を考えると当然のものです。

しかし私の場合、これが邪魔だったのです。

メーカーの方に伺いましたが、そういった用途(つまりGoProのような車載動画で遊ぶもの)で、そもそもないので、消去はできない、とのことでした。


・シガーソケット。



こういうのを使って
スマホ充電しながら
走っている人は
多いはず。
USBの差込口は
ふたつあります。

あともうひとつ、私がドラレコを止めた理由は、充電用の電源をUSB差込口から取れない、ということでした。

ドライブレコーダーの場合・・・

① シガーソケットをフルに1個占拠する

ユピテル ドライブレコーダー用 USB電源直結コード(約4m) OP-E755みたいのを買う

・・・という選択肢しかなく、とにかく、私が愛用している上掲画像のスマホ充電器が使えないわけです。

これは、ありえない。

いまやスマホは、カーナビであり、メール受信器であり、渋滞の暇つぶしであり・・・と車内でフル回転するものなのですから。


・で、GoProにした。


以上の・・・小さいようで小さくない理由が、最終的にドラレコを買うのを止めた理由でした。

たしかに、石橋和歩やら宮崎文夫で、あおり運転対策としてドライブレコーダーが脚光を浴びています。

でも、落ち着いて対処できれば、べつにスマホカメラでも十分だとおもいます(実際、宮崎文夫のガラケー女は、それでしたよね)。

あと、その場は、負けるとは言わないまでも、臆病な行動をとれば問題ないのですよ、きっと。

小競り合いに勝つより、自分の命、そしてなによりも点数(免停とかの)を気にして、あおられたときは、負けましょう。

べつになにも残りはしないから問題ないですよ。

戦おうとするからいけないんだとおもいます。

まあ、現場では、そう上手く頭を切り替えられないのが問題の根なのでしょうが・・・

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m