【続】Gold Rushの登場人物たち

(「現在、主人公のパーカーシュナブル。
登場時は、
ひょろっひょろ・・・。
高校3年生だとおもう。
Season2 ep.2ごろの画像」
出典:DiscoveryChannel、以下同じ)

こんばんは、伊田です。

案の定マニアックな人気を誇るGold Rush。

ホフマン親子(トッドとジャック)が、なんかペルーとか行きはじめると、もう面白くないんですが・・・

それは、あれですね、スピンオフ(副産物)ってやつです。

本シリーズでは、ホフマン親子から、パーカーシュナブル(Parker Schnabel)に主役が交代してゆきます。

上掲画像の青年ですね。現在26歳。

前回紹介したジョンシュナブル(John Schnabel)が引退したことで、その採掘地を受け継いだ孫です。

その後、ジョンシュナブルは、2016年に永眠(文字通り、そんな感じだったみたいです)。

孫のパーカーシュナブルが、やったるで!みたいな感じで高卒と同時にのめり込んでゆきます。

それが現在(シーズン9とか11とか)のGoldRushのストーリーです。

・・・なんかですね・・・ジャンプの漫画みたいな冒険活劇勧善懲悪物語路線になります。

それも、ちょっと違うんだよなあ・・・。

・・・というわけで、私は初期、ホフマン親子時代のダメ人間ショーが好きなので、その辺をネチネチ追ってゆきます。


・アールフォスター(Season 1 登場)


フレッドハートの仲間。
ダコタボーイズの一員・・・だとおもう。

まず、アールフォスター(Earle Foster)ですね。

ポーキュパンインクリークで、ホフマン親子に金採掘地を貸していたひとです。

地主さんですね。

自分では掘りません。

というのも、かなり高齢。

2013年に86歳で逝去。

ちなみにパーカーの祖父ジョンシュナブルは、96歳でお亡くなりになったんですが、番組中に90歳で、ブルドーザーかそんな重機を余裕で操作します。

で、このアールフォスターに取り入って、ホフマン親子がシーズン1で、がんばって整備したポーキュパンインクリークの採掘場を乗っ取ってしまうのが・・・

前回ご紹介したフレッドハート。

シーズン2は、そこから始まるのですが、これは今ふり返ると、台本ですね。

当り前と言えば当り前か・・・。

そのままフレッドハートは主役のひとりになり・・・

パーカーシュナブル

vs. ホフマン親子

vs. フレッドハート

・・・の三つ巴で、ちょうどDeadliest Catchみたいなオムニバス形式に代わります。

このフレッドハートですが・・・

登場時シーズン1終り~シーズン2始めでは、完全な憎まれ役なんですが・・・

いざ採掘を始めると、かなり不幸に見舞われ(家が洪水やらなんやら)・・・

最初の憎たらしい印象は、すぐに消えます。


・トニービーツ(Season 2から出ていたが、9くらいから主役)


悪役地主。
自分も掘る。
掘るどころでなく、船とか動かす。
なにもかもスケールがデカい。
大魔王みたいな位置づけ。
奥さんも悪い顔している。
娘と息子も
悪役面している。
すごいぜ、ディスカバリー。

アールフォスターは地主でしたが、この・・・

採掘者(チーム) vs  地主

・・・という封建制度もびっくりの対立は、GoldRushの軸になっていて・・・

主役がパーカーシュナブルに代わっても、トニービーツ(Tony Beets)というボスキャラ地主が出て来ます(上掲画像)。

パーカーピンチ!みたいなのが、ホフマン親子引退後のストーリーの機軸ですね。

このトニービーツは、むちゃくちゃ手強いです。

かなり口も悪いらしく、ピーピーって入ります。

・・・・・・

ああ、ぜんぜん進まないですね。

これがDiscoveryChannelの世界です・・・。

記憶が薄れないうちに、続きを書きたいと思います。

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。m(_ _)m