KUSHIDAのNXTデビューほか。

(「新日ジュニア初?」出典:WWE)

こんばんは、ヤマガタです。

以前お伝えした(2019年)4月10日収録分のKUSHIDAデビュー戦が、5月1日にオンエアされました。

ほぼ1か月後でしたね。

(以下、画像出典はWWEです。)


・ギミックそのまま。


タイムスプリッターというか
バックトゥザフューチャーというか。

出て来たKUSHIDAですが、入場曲こそ違えど、新日本そのままでした。

試合スタイルもそのまま。

ただ、新日本ジュニアで、初で、す、よ、ね?

フィンバラーとか抜かせば。

こういうのは日本の選手にとって大きな励みになるでしょうね。


・勝った(くっしーが)。


顔もゆれる!!

心配されていた頭皮も、直前にモヒカンにし、フルセイルのライトアップの下では完璧でした。(←もうすこし別の角度で見ろよ)

相手はかつてヒデオイタミとも絡んだカシアスオーノで(そう考えると全然出世しないですね、このひと・・・)、常識的にみてKUSHIDAの勝てる相手ではなかったんですが、着実なオーノからのアシストもあり、最後はHoverboard Lock(飛びつき式アームロック)で、KUSHIDAがギブアップ勝利を奪いました。

・・・まあ、Undisputed Eraに絡めるか、でしょうね。

カイルオライリーとか、ボビーフィッシュとか、KUSHIDAと相性良さそうな選手がいますからね、あそこ。

ただね・・・個人的には205Live来てほしんだけどね。

ぜんぜん見る機会ないから。


・次の試合も済み。


WrestlingObserverによると、(2019年)5月1日(でいいのかな)フルセイル大学ですでにNXTの収録が行われていて、KUSHIDAは、Kona Reevesという選手に勝利したみたいです。

ジョバー戦でもないかな?

ただ、そのあと、あのドリューグラックが出て来て、KUSHIDAとの抗争に入る素振りをみせたみたいです。

あ~~~そ~~きたか~~~・・・という感じですよね。

悪くない相手ですね。

とりあえず、KUSHIDAがWWEにどう溶け込んで行くのか、見守りましょう。

・・・・・

それでは、今回はここまでです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m